JR西日本、大阪環状線2編成に「交通科学博物館閉館記念ヘッドマーク」掲出

JR西日本は交通科学博物館(大阪府大阪市)の閉館を記念し、大阪環状線で「交通科学博物館閉館記念ヘッドマーク」を掲出した列車(2編成)の運行を開始した。閉館50日前にあたる2月15日から閉館当日の4月6日までの限定運行となる。

「交通科学博物館閉館記念ヘッドマーク」を掲出した201系

あわせて閉館直前の同博物館の様子を記録したDVD『交通科学博物館 思い出の永久保存版』も発売された。47分間の映像に展示室や屋外展示車両など博物館のすべてを収録したもので、価格は1,050円。発売を記念し、交通博物館ミュージアムショップの販売分120本には、かつて実際に使用されていた硬券きっぷを封入するという。

交通科学博物館は1962(昭和37)年、「交通科学館」として開設。1990年に現在の名称に変更された。JR西日本は2016年春に京都府京都市の梅小路エリアに「京都鉄道博物館」を開設する計画で、これにともない交通科学博物館は52年の歴史に幕を下ろすことになった。展示されている車両や収蔵資料などは、「京都鉄道博物館」に移設展示される予定。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事