使用機器を問わずカラーマネジメントを実現する新サービス -富士ゼロックス

  [2014/02/14]

富士ゼロックスは、同社が開発した「トータルカラーマネジメント技術」をプロダクトデザイン現場をもつ製造業向けにサービス化した「RGB ワークフローカラーマネジメントサービス」を提供する。提供開始は3月5日より。

「RGB ワークフローカラーマネジメントサービス」のWebページ

「RGB ワークフローカラーマネジメントサービス」は、モニターやプロジェクター、プリント出力といった使用形式、および機器上で使用しているソフトウェアの種類を問わず、一貫した色を再現するカラーマネジメントサービス。近年のデザインの現場では、3DCADやコンピューターグラフィックスシステムの導入によるデジタル化が進んでいるが、関係各所で異なる機器を使っていることなどに起因する色味のズレが度重なる修正を発生させるなど、本来のデザイン業務以外の無駄な工数を発生させている状況があるという。同サービスを用いることで異なる機器間で一貫した色の再現が可能になるため、色の見え方の違いによる生産性の低下を抑止し、品質向上と効率化が図ることができる。

具体的な利用シーンとしては、自動車、住宅設備、電気機械器具などのデザイン業務を想定。同社デザイン部門の実証実験では、色調整に半日かかっていたプリント出力作業を、わずか1回のプリント指示で行うことができるなど、大幅に作業時間が短縮された。加えて、モックアップ製作費用が約5割削減されるという効果も見込まれているとのこと。

なお、同サービスに利用されている「トータルカラーマネジメント技術」は、パソコンモニターや大型ディスプレイ、プロジェクターなど、異なる機器で表示する色を一貫した色に再現する独自の色補正技術。階調を保ちながら色域を制御し、印象が近い色へ自動変換するため、異なる機器間での色統一が可能になるということだ。

関連したタグ

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[おそ松さん]「別冊マーガレット」にスピンオフ読み切りマンガ
[00:00 2/13] ホビー
TVアニメ『うたわれるもの 偽りの仮面』、第19話の場面カット&予告映像公開
[00:00 2/13] ホビー
【コラム】Windows 10ミニTips 第56回 エクスプローラーに表示されていた「リンク」はどこへ?
[00:00 2/13] パソコン
舞台『刀剣乱舞』、三日月宗近役:鈴木拡樹のキャラクタービジュアル公開
[23:11 2/12] ホビー
上海問屋、DSD 5.6MHzと384kHz/32bit PCM対応のポータブルUSB DAC
[23:09 2/12] パソコン

特別企画 PR