マイクロン、3,333倍速のリード最大500MB/sのCFカードと4連リーダー

マイクロンジャパンは12日、レキサーブランドから3,333倍速/1,066倍速/800倍速のコンパクトフラッシュカードと、USB 3.0対応リーダーハブと専用カードリーダーからなる「プロフェッショナル ワークフローリーダーソリューション」を発表した。3月上旬より順次出荷を開始する。価格はオープン。

 プロフェッショナル 3333倍速 CFast2.0カード

プロフェッショナル 3333倍速 CFast2.0カード

「プロフェッショナル 3333倍速 CFast2.0カード」は、世界最速となるリード最大500MB/sを達成したコンパクトフラッシュカード。価格は未定。

現時点で最も高速とされる製品のさらに3倍の速度で転送できるとしている。フォーマットはCFast2.0カードで、大容量/高画質の動画を記録できる「VGP-65」仕様に対応。容量ラインナップは、32GB/64GB/128GB/256GBの4モデル。画像復旧ソフト「Image Rescue5.0」の無料ダウンロードクーポンが付属する。

 プロフェッショナル 1666倍速 CFカード

プロフェッショナル 1666倍速 CFカード

「プロフェッショナル 1666倍速 CFカード」は、UDMA7に対応するリード最大160MB/s、ライト最大155MB/sのモデル。価格は16GBが20,000円前後、32GBが33,000円前後、64GBが53,000円前後、128GBが90,000円前後、256GBが150,000円前後。

大容量/高画質の動画を記録できる「VGP-65」仕様に対応。容量ラインナップは、16GB/32GB/64GB/128GB/256GBの5モデル。画像復旧ソフト「Image Rescue5.0」の無料ダウンロードクーポンが付属する。

 プロフェッショナル 800倍速 CFカード

プロフェッショナル 800倍速 CFカード

「プロフェッショナル 800倍速 CFカード」は、UDMA7に対応するリード最大120MB/s、ライト最大75MB/sのモデル。大容量/高画質の動画を記録できる「VGP-20」仕様に対応。容量ラインナップは、256GB/512GBを追加している。発売日、価格は未定。16GB/32GB/64GB/128GBモデルは現在発売中。画像復旧ソフト「Image Rescue5.0」の無料ダウンロードクーポンが付属する。

プロフェッショナル ワークフローリーダーソリューション

ワークフローHR1

専用カードリーダー

「プロフェッショナル ワークフローリーダーソリューション」は、USB 3.0対応の4ポートリーダーハブ「ワークフローHR1」と、専用のカードリーダーで構成される製品。価格は「ワークフローHR1」が10,000円前後。4カ所のポートにセットするカードリーダーは自由に組み合わせられる。

専用カードリーダーは、SD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応した「ワークフローSR1」、コンパクトフラッシュカード(UDMA7)に対応した「ワークフローCFR1」、XQDカードに対応した「ワークフローXR1」、CFast2.0に対応した「ワークフローCR1」をラインナップ。価格は「ワークフローCFR1」と「ワークフローSR1」が3,000円前後、「ワークフローXR1」が4,000円前後。インタフェースはUSB 3.0。本体サイズは、ハブ部がW110×D85×H153mm、カードリーダー部がW74×D60×H23mm。

使用イメージ

人気記事

一覧

新着記事