山陽電気鉄道、4月から全駅に駅ナンバリング導入! アルファベットは「SY」

 

山陽電気鉄道は4月1日から駅ナンバリングを導入する。本線(西代~山陽姫路間)と網干線(飾磨~山陽網干間)の全49駅が対象。会社名を表すアルファベット「SY」と数字2桁の駅番号の組み合わせとする。

山陽電気鉄道5000系

これにより、山陽須磨駅は「SY06」、山陽明石駅は「SY17」、飾磨駅は「SY40」、山陽姫路駅は「SY43」、山陽網干駅は「SY56」となる(SY44からSY50は欠番)。4月1日日以降、ホームの駅名看板、車内の停車駅案内(路線図)、一部の車内案内表示器(LED)に表記する。なお、西代駅については、山陽電車のナンバリング「SY01」と、阪神電車のナンバリング「HS39」を併記するとのこと。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事