2014年1月の携帯電話契約数、ソフトバンクが首位に - ドコモは3位に転落

電気通信事業者協会(TCA)は2月7日、2013年01月末日時点での携帯電話・PHSの契約数をとりまとめて発表した。新規契約から解約を差し引いた純増数では、ソフトバンクモバイルが24万9,900件で首位に返り咲いた。続く2位はKDDI(au)で18万9,900件、3位はNTTドコモで14万200件という結果となった。

携帯電話全体の純増数は58万100件で、累計契約数は1億3,713万8,100契約。1位のソフトバンクは24万9,900増で、累計3,475万9,400契約。続くauは18万9,900件で累計3,980万6,900契約、ドコモは14万200件で6,232万1,800契約だった。2013年12月の契約数では24カ月ぶりにトップを獲得したが、今回は3位に転落。これまでトップだったソフトバンクが首位に返り咲いた。

グループ 純増数 累計
NTTドコモ 140,200 62,321,800
KDDI(au) 189,900 39,806,900
ソフトバンクモバイル 249,900 35,009,400
携帯電話総計 580,100 137,138,100

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの純増数には、プリペイド契約および通信モジュールサービスについての純増(減)が以下の通り含まれる。

グループ 純増数のうち
プリペイド契約 通信モジュール
NTTドコモ 4,600 24,900
KDDI(au) -1,700 8,100
ソフトバンクモバイル -9,000 91,700

(記事提供:AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事