シャープ、HTML5を活用した電子書籍ソリューションを3月から提供

シャープは31日、専用アプリケーションを使用することなく、汎用Webブラウザで電子書籍を閲覧できるHTML5ベースの電子書籍ソリューション「ブラウザビューア」を開発。電子書店運営事業者に3月から提供開始すると発表した。

従来、電子書籍の閲覧には、タブレットやスマートフォンなどの利用端末に専用のアプリケーションをダウンロードする方法が主だったが、今回同社が開発した「ブラウザビューア」は、専用のアプリケーションを使用することなく、Webブラウザで電子書籍の検索・購入・閲覧を一貫して楽しめるのが特徴だ。

対応ブラウザはInternet Explorer、Firefox、Safari、Google ChromeなどのHTML5対応ブラウザ。対応フォーマットはXMDF、EPUB3、OMF、PDF、JPG。

同社は電子コンテンツストア「GALAPAGOS STORE」の運営に加え、電子書籍の代表的なフォーマットであるXMDF形式などの電子書籍関連技術を開発してきた。今回開発した電子書籍ソリューションは、独自の日本語レイアウト処理技術を備え専用アプリケーションと同品質で表示できるといい、データの先読み処理などによろブラウザでの高速動作も可能。「ユーザーの利便性を大幅に向上できる」としている。

人気記事

一覧

新着記事