カネカ、燐光材料を用いた有機ELに関する技術のライセンスを米UDCより取得

カネカは1月30日、米Universal Display(UDC)と、従来の蛍光材料に比べ理論的には4倍の発光効率を実現できる燐光材料を用いた有機ELデバイスに関する特許群の通常実施権許諾包括契約を締結したことを発表した。

今回の契約締結によりカネカは、すでに市場開発を進めている蛍光材料を用いた有機ELデバイス技術と、UDCの技術を組み合わせ、照明市場で求められている高い発光効率を実現した有機EL照明パネルを実現し、有機EL照明市場での事業拡大を目指すとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事