ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが共演「ジョージとジョンを思い出す夜」

 

共演を果たしたポール・マッカートニー(左)とリンゴ・スター (C)BANG Media International

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが、ザ・ビートルズが初めてアメリカのテレビ番組に出演してから50周年を記念した特別番組で共演を果たした。

ポールとリンゴは、ケイティ・ペリー、ジョン・メイヤー、アリシア・キーズらと共に同番組に登場。ビートルズの「エド・サリヴァン・ショー」出演を記念して27日に米ロサンゼルス・コンベンションセンターで開かれた「ザ・ナイト・ザット・チェンジド・アメリカ:ア・グラミー・サリュート・トゥ・ザ・ビートルズ」では、ケイティとジョン、アリシアのほかにも多くのアーティストがパフォーマンスを披露した。当時の記憶に残るパフォーマンスを振り返り、ポールはステージで次のように話している。

「最初に頼まれた時は、出演するべきかどうか迷っていたんだ。君たちはアメリカにおける『エド・サリヴァン・ショー』の重要性を理解していないんだって言われたよ。実際、あの時まで理解していなかったんだ」

また、同イベントでは、ポールとリンゴが亡きバンドメンバーである、1980年にニューヨークで銃殺されたジョン・レノン、2001年に肺がんで他界したジョージ・ハリスンを追悼。リンゴは観衆に「僕たちはザ・ビートルズと呼ばれるバンドを組んでいたから、どこで演奏してもいつもジョージとジョンは僕たちと共にいるよ」と語りかけ、その後にポールは「今夜は僕たちの素晴らしい友人であるジョンとジョージを思い出す夜だよ」と続けている。

2月9日に米CBS局で放送予定の同番組では、スティーヴィー・ワンダーやキース・アーバンら、収録前夜に開催されたグラミー賞に出演した数々のパフォーマンスが披露されている。

ビートルズの残存メンバーであるポールとリンゴは、グラミー賞でも「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」と「ヘイ・ジュード」のデュエットを見せていた。ジョンの妻オノ・ヨーコとジョージの妻オリヴィアが見守るそのパフォーマンスは、トム・ハンクス、ジェフ・ブリッジス、ショーン・ペン、ジョニー・デップ、ケイト・ベッキンセールら多くの著名人によって紹介されている。曲間にはビートルズのビンテージ映像、ライブの模様や記者会見の様子などが流されたほか、絶頂期における「ビートルマニア」と呼ばれる熱狂的ファンの様子も映し出されていた。

(C)BANG Media International

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『ステラのまほう』、アニメキービジュアル&メインキャストを公開
[16:39 6/27] ホビー
iiyama PC、税別39,980円のM.2 SSD搭載15.6型ノートPC
[16:31 6/27] パソコン
NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ
[16:24 6/27] テクノロジー
[内田彩]「ラブライブ!」声優が初ツアーを完走
[16:18 6/27] ホビー
KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円
[16:17 6/27] 携帯

本音ランキング