ファミコン世代は若者よりもスマホゲームを長時間利用 - ニールセン調査

 

"ファミコン世代"は若者よりもスマートフォンゲームを長時間利用している――。そんな調査結果をニールセンが28日に公表した。スマートフォン視聴率情報「Mobile NetView」の12月のデータから、スマホゲームの利用動向を明らかにした。

まず、スマートフォンにおいてカテゴリ別のインターネット利用時間シェアを調べたところ、最も多かったのは、ソーシャルネットワークで23%、次点にゲームが15%、その他コミュニケーションが12%と続いた。

スマートフォンのカテゴリ別インターネット利用時間シェア

このうち、ゲームにフォーカスすると、スマートフォン利用者の78%がゲームを利用し、利用者は1日平均で16分ゲームをプレイしていた。

2013年12月のゲームの利用状況

次に、カテゴリ別にインターネット利用時間シェアを年齢別で見たところ、高校までにインターネットが普及し様々なオンラインサービスに慣れ親しんでいる18歳から34歳までと、小学生から高校生の頃にファミコンが発売された35歳から49歳までのファミコン世代の間で傾向が大きく異なった。18歳から34歳までは、SNSの利用時間のシェアが29%と最も高くなり、ゲームは12%に過ぎなかった。一方、35歳から49歳まではゲーム利用時間のシェアが最も高く20%を占めた。

2013年12月のスマートフォンにおけるカテゴリ別インターネット利用時間シェア

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

[篠原信一]久々の柔道着は「コスプレじゃない!」 リオ五輪の仕事はまだ来ず…
[22:52 7/25] ホビー
オネエがテーマのアンソロ「オネエと私」表紙は雪広うたこ、コガシロウも参加
[22:44 7/25] ホビー
CORSAIR、Cherry MXスイッチ採用のメカニカルゲーミングキーボード
[22:17 7/25] パソコン
アフタヌーンで四季賞発の新鋭2人がW新連載、次号「げんしけん二代目」完結
[22:16 7/25] ホビー
[石原さとみ]黒の肩出しロングドレスで“ゴジラロード”レッドカーペットに登場
[22:05 7/25] エンタメ