ファミコン世代は若者よりもスマホゲームを長時間利用 - ニールセン調査

 

"ファミコン世代"は若者よりもスマートフォンゲームを長時間利用している――。そんな調査結果をニールセンが28日に公表した。スマートフォン視聴率情報「Mobile NetView」の12月のデータから、スマホゲームの利用動向を明らかにした。

まず、スマートフォンにおいてカテゴリ別のインターネット利用時間シェアを調べたところ、最も多かったのは、ソーシャルネットワークで23%、次点にゲームが15%、その他コミュニケーションが12%と続いた。

スマートフォンのカテゴリ別インターネット利用時間シェア

このうち、ゲームにフォーカスすると、スマートフォン利用者の78%がゲームを利用し、利用者は1日平均で16分ゲームをプレイしていた。

2013年12月のゲームの利用状況

次に、カテゴリ別にインターネット利用時間シェアを年齢別で見たところ、高校までにインターネットが普及し様々なオンラインサービスに慣れ親しんでいる18歳から34歳までと、小学生から高校生の頃にファミコンが発売された35歳から49歳までのファミコン世代の間で傾向が大きく異なった。18歳から34歳までは、SNSの利用時間のシェアが29%と最も高くなり、ゲームは12%に過ぎなかった。一方、35歳から49歳まではゲーム利用時間のシェアが最も高く20%を占めた。

2013年12月のスマートフォンにおけるカテゴリ別インターネット利用時間シェア

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア
ソフトバンク、「東京お台場FreeWiFi」に電話認証を導入
[16:26 8/25] スマホとデジタル家電