子供が将来就きたい仕事 - 日本1位は「パティシエ」、アジア1位は「医者」

 

「アジア9か国の子供の就きたい仕事ランキング」

アデコとアジア8カ国のアデコグループはこのたび、6歳~15歳の子供を対象に「将来就きたい仕事」に関するアンケートを実施し結果を発表した。調査は、2013年12月上旬に日本、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナムにおいて日本800人、アジア各国150~200人を対象に行われた。更に日本の子供だけを対象にした調査は男女各500人を対象に2013年12月上旬~1月初旬に行われた。

アジアの子供の就きたい仕事、人気は「医者」

子供が就きたい仕事の1位は、アジア各国では4カ国で「医者」が最多となったが日本では「パティシエ」が医者を抑え1位となった。国ごとに子供たちの憧れの職業観に違いが見られたが、9カ国全てに共通してランクインした職業は「医者」と「先生」だった。身近に存在し、人を助ける、人に教える職業が各国の子供にとって憧れの仕事であることがわかった。

日本人女子1位は「パティシエ」

「日本人の子供が就きたい仕事ランキング(総合・男児・女児)」

日本の子供が就きたい仕事を男女別に見ると、男子の1位は「サッカー選手」、2位が「野球選手」という順位になり、メジャーなスポーツ選手が上位を占めた。女子では「パティシエ」が全体の22%で1位となり、2位の「医者」9%に大差をつけて首位となった。

人気の職業、大阪ではエンターテイメント系の割合が高い

「日本人の子供が就きたい仕事ランキング(東京・大阪・名古屋)」

東京・愛知・大阪(東名阪)の地域ごとに就きたい職業の順位を調べたところ、各都市の1位は東京が「医者」、愛知と大阪は「パティシエ」となった。1位~3位は地域ごとの違いはあまり見られなかったが、他の地域と比較すると大阪では「作家」、「漫画家」などのクリエイティブ職や、「歌手」、「俳優・女優」などエンターテイメント系の仕事に就きたいと考える子供が多く、地域性の違いが見られた。

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

「この会社で勉強したい」はOK? NG?
「この会社で勉強したい」はOK? NG?

採用担当者が明かす! 面接でNGな志望理由

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報