総勢14名のキャスト陣が集結! 劇場版『アイドルマスター』初日舞台挨拶

劇場アニメ『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の初日舞台挨拶が1月25日、東京・新宿バルト9で開催され、中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、仁後真耶子、浅倉杏美、平田宏美、下田麻美、釘宮理恵、たかはし智秋、原由実、沼倉愛美、若林直美、滝田樹里、赤羽根健治が参加。総勢14名の765プロオールスターのトークを超満員の観衆と全国の劇場ライブビューイング参加者が見守った。

同作はバンダイナムコゲームスのゲーム「アイドルマスター」シリーズから生まれたTVアニメ『アイドルマスター』(2011年放送)の劇場版。舞台となるのは、TVアニメ+特別編の26話を経た765プロのその後の世界だ。念願のアリーナライブが決まった765プロだったが、ライブには7人の新人アイドル候補生たちがバックダンサーとして参加することに。技術も心も未熟な後輩たちを"先輩"として指導して引っ張る立場になった春香たちの、今までとは少し違った葛藤や物語が描かれる。スペシャルゲストとして参加する候補生たちは、ソーシャルゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』に登場するキャラクターたちをベースにしている。

バルト9では25日0時より同作の最速上映を行い、終夜2スクリーンで上映。ロビーがアイマスの"プロデューサーさん"たちの熱気であふれたまま、昼間のプレミア舞台挨拶を迎えた感じだ。今回取材したプレミア舞台挨拶は本編上映前に行われたもので、出演者たちもネタバレに気をつかいながら、自身の演じるキャラクターの変化や成長を愛情を込めて語っていた。他のキャラクターの見せ場や好きなシーンについては、どのキャラクターもよくて選べないという声が多かったものの、厳しさと優しさが印象的な水瀬伊織や、プロデューサー業に徹しながらもかわいらしさを覗かせる秋月律子が人気だったようだ。キャスト陣からは、キャラクターの細かい表情にまでこだわりぬいたスタッフへの感謝と、作品に対する満足が伝わってきた。

舞台挨拶の最後には、たまたま座席で舞台挨拶を見ていたというバンダイナムコゲームスの坂上陽三総合プロデューサーが「今まではプロデューサーに支えられてきたアイドルたちが成長して、奮闘して難局を乗り越えていく絆と成長を描いた物語です。まさにアイドルマスターというタイトルにふさわしい、アイドルの物語だと思います。楽しんで見てください!」と突発挨拶するサプライズも。さらに錦織敦史監督からも、「今回の劇場版はTVアニメの流れをくむ集大成で、これまでの765プロとこれからの765プロが描かれています。アイドルたちがキラキラできるよう、アイマスの今という時間をファンのみんなと共有できるよう、アイドルたちと泣いて、笑って、一生懸命作りました。見どころは一言では言い表せませんが、ライブ曲『M@STERPIECE』は、一曲まるごとという新たな挑戦になっています。アイドルたちの全ての努力が昇華し、開放される瞬間を劇場のみんなと同じ時間で体験してもらいたいと思います。みんなの声援が彼女たちを輝きの向こう側へ導き続けてくれますよう、上演中も心のサイリウムの準備をよろしくお願いします。本日は劇場及びライブビューイングにお越し頂き、誠にありがとうございました」との手紙が届いていた。

劇場版アニメ『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』は1月25日より全国劇場にて公開中。公開館などの詳細は公式サイトをチェックしてほしい。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事