桐谷美玲主演の戦隊映画『女子―ズ』、有村架純・山本美月ら最旬5女優出演!

6月7日公開の福田雄一監督最新作、戦隊ヒーローコメディ『女子―ズ』のポスターが24日、公開され、すでに発表されていた主演の桐谷美玲に加え、有村架純、山本美月、藤井美菜、高畑充希ら全キャストが明らかになった。

戦隊ヒーローコメディ『女子―ズ』のポスター

同映画は、世界征服を企み、地球に襲いくる邪悪な怪人を倒すため、"名字に色が入っている"というだけの理由で司令官チャールズの元に集められた5人の女たち"女子―ズ"の物語。全員がそろった時に繰り出す必殺技"女子トルネード"を武器に怪人との戦いに挑むが、恋に仕事、美容にヤボ用と、なにかと多忙な女子たちはなかなかそろわない。果たして片手間で世界の平和は守られるのか!?

そんな女子―ズは全5人。リーダーとなるレッド・赤木直子を桐谷美玲が演じ、昨年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクした有村架純がグリーン・緑山かのこ、映画『黒執事』や『僕のいた時間』(フジテレビ系 毎週水曜22:00~22:54)など話題作への出演が続く山本美月がネイビー・紺野すみれ、映画『武士の家計簿』などに出演した藤井美菜がブルー・青田美佳、現在放送中のNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』出演で注目を集めている高畑充希がイエロー・黄川田ゆりを演じる。

今回公開されたポスターでは、女子ーズの5人が勢ぞろいして、本編撮影時に綿密に振りつけたぞれぞれの決めポーズを披露している。女子―ズのコスチュームは、『逆境ナイン』『燃えよペン』などの熱血漫画家として知られる島本和彦氏がデザイン。昭和の特撮ヒーローを彷彿とさせる、懐かしくもかわいらしい戦隊ヒロインのコスチュームに身を包んだ女子―ズが誕生し、福田監督も「カッコ良くも、とても美しくてかわいい仕上がりになった」と満足している。

映画の撮影は昨年3月に行われ、特撮ヒーローの聖地である採石場での怪人や戦闘員との戦いでは、スタントコーディーネーター指導による本格的な格闘シーンを撮影。5人の女子力を生かしたトークによる口撃も見どころとなっている。 

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事