日立マクセル、大型冷蔵庫を2.5時間動作させられる大容量蓄電機

日立マクセルは1月23日、最大1,200W出力で電力を給電できる蓄電機「Energy Station M-PAC01W」を発表した。2月10日より発売し、価格はオープン、推定市場価格は17万円前後。

「Energy Station M-PAC01W」

停電時などに非常用電源として利用できるポータブル蓄電機。255Whの大容量リチウムイオン電池を内蔵しており、225W出力で60分、900W出力で13分、1,200W出力で1分30秒の連続出力を行える。

液晶テレビなど大型家電にも給電可能で、90Wの大型冷蔵庫で2.5時間、75Wの液晶テレビで3時間、20Wのノートパソコンで8時間の連続動作が可能だ。また10Wのスマートフォンであれば22台分の充電が行える。

本体は白を基調としたデザインで、5段階のLED表示により電池残量がひと目で分かる。また、上部にキャリングハンドルが付いているため、非常時の持ち運びにも便利だ。

主な仕様は以下の通り。本体サイズはW180×D386×H268mm、重量は約12kg。バッテリ容量は255Whで、充電時間は約9時間。出力電圧はAC100V 50/60Hz。

人気記事

一覧

新着記事