ソニー、プレイした場でスイング分析が可能なラケット装着型テニスセンサー

ソニーは1月20日、テニスラケットに装着して使用するスマートテニスセンサー「SSE-TN1」を発表した。発売は5月下旬で、全国のスポーツ用品店やテニス用品店で販売される。価格はオープンで、推定市場価格は18,000円前後。

「SSE-TN1」(写真右はラケット装着時)

SSE-TN1は、対応テニスラケットのグリップエンドに装着するセンサー。専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末とBluetooth接続すれば、プレイヤーのテニスショットを分析してくれる。

プレイしたその場で、スイングの分析が可能

分析内容はショット数、ラケット上でボールを捉えた位置(インパクト位置)、スイング種別、スイング速度など。スマートフォンで録画したプレイ映像を可視化したデータとともに再生して、自分のプレイ内容を何度も振り返ることもできる。

重量は約8gで、最大は直径31.3mm。Andriod 4.1以降のカメラ搭載スマートフォン・タブレット端末、ないしiOS 6.1以降のiPhone/iPadで利用できる。


関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事