Lenovo、8.3型のWindowsタブレット「ThinkPad 8」をCES 2014で公開

 

米Lenovoは5日(現地時間)、Windows 8.1搭載の8.3型タブレット「ThinkPad 8」を発表した。米ラスベガスで1月7日から開催される家電関連見本「International CES 2014」で公開する。価格は399ドルからで、米国内にて1月下旬より出荷を開始する予定。

「ThinkPad 8」

「ThinkPad 8」は、WUXGA(1,920×1,200ドット)の高解像度液晶ディスプレイを備えたWindowsタブレット。CPUには「Intel Atom Z3740」を採用する。オフィスソフトとしてMicrosoft Officeが付属し、オプションで4G LTE/3GのWWAN対応モデルを用意する。

このほかの主な仕様は、メモリがLPDDR3-1067 2GB、ストレージが最大128GB SSD、グラフィックスが第7世代Intel HD Graphics。前面に200万画素、背面に800万画素(AF対応)カメラを搭載する。

インタフェースは、micro USB 3.0×1、micro HDMI×1、Wi-Fi、micro SDスロット、ステレオスピーカー、マイクなど。バッテリ駆動時間は最大8時間。本体サイズはW132×D224.3mm×H8.8mm、重量はWi-Fiモデルが430g、WWAN対応モデルが439g。オプション品として、純正カバー「Quickshot Cover」を用意する。

純正カバー「Quickshot Cover」装着イメージ図

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (5) HTML5のコメント記述法
[10:00 8/27] 企業IT
お金の使い方は上手ですか? -「安物買いの銭失い」「ときどき爆買い」
[10:00 8/27] マネー
MF文庫J、8月新刊は9タイトル! 『ノゲラ』『アリア』などの最新巻が登場
[10:00 8/27] ホビー
『マジきゅんっ!ルネッサンス』追加キャスト発表! 主人公役は千本木彩花
[10:00 8/27] ホビー
バージョンアップで人間にまた近づいた? - 進化を続ける「ロボホン」が生活を変える!
[09:00 8/27] スマホとデジタル家電