イグアス/JBS/ITGマーケの3社、Samsung SSD搭載PCとサーバ製品で協業

 

イグアス、JBサービス、ITGマーケティングの3社は6日、サムスン製SSD「Samsung SSD 840」ファミリーを搭載したPCとサーバ、およびワンストップ保守サービスにおける協業体制を発表した。同日より、イグアスのパートナー経由で製品/サービスの販売を開始する。

今回の3社協業で提供される製品/サービス

Samsung SSD 840 EVOシリーズ

Samsung SSD 840 PROシリーズ

製品ラインナップは、Samsung SSD 840 EVOシリーズを搭載したレノボ製PCの一部、Samsung SSD 840 PROシリーズを搭載したSUPERMICRO製サーバで、いずれもイグアスが取り扱う。参考価格は、レノボ製デスクトップPCが80,000円より、ノートPCが100,000円より、SUPERMICRO製1Uラックサーバが300,000円より(いずれも税別)。なお、イグアスは、レノボ販売代理店、SUPERMICRO認定ディストリビューターとなっている。

該当する製品には、JBサービスが提供するワンストップ保守サービスが含まれ、センドバック保守サービスとオンサイト保守サービスを提供。期間はそれぞれ3年、4年、5年を用意し、価格は個別見積もり。また、ITGマーケティングはサムスン製SSDの国内正規代理店として、マーケティング面と技術面から、イグアスとJBサービスの両社を支援する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー