【女性編】新年の抱負ランキング

いよいよ2014年が始まります。新年の抱負は?

毎年目標を立てるのに、いつも達成できなくて一年が終わっちゃう……今年こそ、目標を達成して有意義な年にするぞ! 今回はマイナビニュース会員の女性400名に、新年の抱負を教えてもらった。

Q.いよいよ2014年が始まります。新年の抱負は?
1位 お金をためる 18.8%
2位 プライベートを充実させる 18.2%
3位 仕事を頑張る 13.8%
4位 ダイエットする 12.0%
5位 結婚する 7.2%

■お金をためる
・「結婚に向けて資金を準備しないといけないので」(25歳/その他/その他)
・「消費税増に備え、貯蓄を殖やす」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「貯金をして、住宅ローンを早く返したい」(28歳/生保・損保/事務系専門職)
・「一人暮らしができるようになりたいので」(27歳/情報・IT/技術職)
・「親に恩返しがしたいから」(22歳/その他/その他)
・「自分と同世代の平均貯金額をニュースで見て、自分は平均値に達していなかったので、来年は頑張ろうと思います」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「お給料が低い上に住宅補助が出ないので、節約術を身に付け、旅行や結婚のための資金を積み立てたいです!!」(24歳/学校・教育関連/専門職)

■プライベートを充実させる
・「毎年やろうやろうと思いつつ何となく日々過ぎてしまうので、新しく夢中になれることを探してみたい」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「新社会人になるので、いろんなことに挑戦したい」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「今年はいい加減に過ごしてしまったので、もっと楽しく人生を過ごしたいです」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「来年は結婚式を挙げるため、きれいになる! そして、生き生きとした日々を過ごすため、様々なことに参加し、チャレンジしていく!!」(24歳/建設・土木/技術職)
・「いろいろな国へ旅行に行きたいと思っているため」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「離婚に向けて、何年かかけて仕事を探して自立するのが目標」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

■仕事を頑張る
・「いよいよ社会人になるので、仕事をしっかり覚えて早く一人前になりたいです!」(23歳/その他/その他)
・「結婚したいけど無理そうだから、とりあえず仕事!」(45歳/学校・教育関連/専門職)
・「仕事をがんばってキャリアアップしたいです」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「先輩方が移動になり、自分が後輩を指導するがわになったから」(32歳/学校・教育関連/その他)
・「今、契約社員だが、2014年の初っぱなから正社員になるための試験があるから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「人事評価がかんばしくなかったから、正念場ですので頑張ります」(24歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

■ダイエットする
・「長年この目標ですが、今年も駄目だったので来年こそは!」(45歳/その他/その他)
・「妊娠して10キロほど増量したので……」(28歳/金融・証券/事務系専門職)
・「いつも挫折するから」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「毎年、コンスタントに増加中、何とかせねば!」(50歳以上/医薬品・化粧品/専門職)
・「いい加減痩せなければ……子供に言われるようになったので頑張りたいです」(47歳/その他/その他)
・「友人の結婚式ラッシュが始まったから」(26歳/食品・飲料/専門職)

■結婚する
・「周りがほとんど結婚してしまったし、早く結婚をして落ち着きたい」(27歳/情報・IT/技術職)
・「32歳なので、そろそろ結婚を考えています」(32歳/食品・飲料/営業職)
・「そろそろ周りにせかされそうだから」(28歳/生保・損保/販売職・サービス系)
・「30歳までに子供を産みたいから時間がない……彼氏と別れて婚活すべきか、もう少し待つべきか……」(27歳/その他/その他)
・「もう彼氏と付き合って8年になるので」(27歳/運輸・倉庫/営業職)
・「いい加減結婚したい! 彼氏もいないけど、もう結婚したいです……周りもみんな結婚しちゃったので」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■そのほか・番外編
・「子供を授かる: 結婚して3年、そろそろ子供のことを考えたくなったから」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「健康で過ごす: 健康が一番だと思うから」(28歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・「きれいになる: 好きな人ができたので、きれいになる努力をしようと思う」(26歳/情報・IT/営業職)
・「新たな趣味を作る: 生きてて楽しいと思いたい」(29歳/食品・飲料/技術職)
・「彼氏・彼女を作る: 彼氏いない歴が長いので、そろそろ本気で欲しいから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

■総評
新年の抱負を質問したところ、1位は「お金をためる」だった。結婚資金、老後の備え、マイホーム資金、子供の教育資金、旅行資金など、様々な貯蓄目的がズラリ並んだ。給料をやり繰りして、節約術を身につけ、コツコツお金をためたい、という堅実でしっかり者の女性が多かった。「親に恩返しがしたい」「旦那の誕生日に時計を買ってあげたい」など、思いやりにあふれた声も寄せられた。

2位はわずかな差で「プライベートを充実させる」が続いた。今年一年を振り返って、仕事や育児や家事に追われて余裕がなかったと感じている人が多いよう。「人生を楽しく過ごしたい」との声もあったが、何事も頑張りすぎず程よく手を抜くことは、精神衛生上良いのかもしれない。ほかにも、離婚を視野に入れて着々と自立の準備を進める、というたくましい女性もいた。

3位は「仕事を頑張る」。「新社会人となる」「転職する(した)」ことを機に、新しい環境で気持ちを新たに頑張りたいと考えるようだ。また、資格を取得したい、キャリアアップをしたい、成長したい、など自己研鑽(けんさん)に励みたいという声も多く寄せられた。4位は「ダイエットする」がランクイン。いつまでもきれいでありたい女子にとって「永遠の目標」であるダイエット。毎年「痩せたい!!」と思うけれど、挫折して「いつも目標で終わってしまう」人も少なくないようだ。来年こそは、みんなで頑張ろう!

5位は「結婚する」がランクイン。周りがどんどん結婚していき、親にもせかされて、「年齢がやばいから」と焦る気持ちはよく分かる。つき合っている彼との"長い春"に終わりをつげたい、と考えている人も何人かいた。

去年一年を振り返って、あなたの目標は達成されていただろうか? 最初からハードルを高く設定してしまうと、途中で挫折してしまう可能性も高くなる。現実的な目標を設定して達成感を味わうことで、更にレベルアップできるかもしれない。

調査時期:2013年12月4日~2013年12月6日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:女性400名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年11月18日の運勢

イチオシ記事

新着記事