「spモード コンテンツ決済サービス」など利用限度額を3月から変更

NTTドコモは25日、「spモード コンテンツ決済サービス」と「ドコモ ケータイ払い(電話料金合算払い)」の利用限度額を2014年3月1日より変更すると発表した。限度額が未設定の場合、上限が5万円に引き上げられるユーザーが多くなりそうだ。

現在、利用限度額を初期設定値から変更していない場合、一律1万円の設定となる。これが2014年3月1日以降、初期値から設定を変更してないユーザーに限り、「設定可能ご利用限度額」と同額が設定される。この設定可能ご利用限度額は、個々の契約期間にもよるが、最大値が5万円となっており、限度額の上限が1万円から5万円に引き上げられるユーザーが多く発生することになる。

このため、同社では、同サービスの利用を控えたいユーザーに対して、自身で利用限度額の設定を変更するように呼びかけている。

設定の変更は以下のとおり。

spモード利用で利用限度額の確認・変更画面にアクセスするには、dメニュー→お客様サポート【お客様サポート】→料金【料金確認の一覧を見る】→商品など購入履歴の確認【spモード決済 ご利用履歴】→ご利用限度額設定【設定変更】の順に操作をする。

iモードの場合、iMenu→【お客様サポート】→【料金確認・診断】→【料金の確認・お支払い】→【商品等購入履歴】→【ドコモ ケータイ払い】→【ご利用限度額設定】の順に操作する。

関連記事

ドコモ、キャリア決済サービスの利用限度額を共有化(2013年8月16日)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事