スマートフォンアプリ開発技術検定試験、来年2月にスタート

D2Cとジークラウドは、スマートフォンアプリの開発技術を問う試験「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」(以下、スマ検)を2014年2月より提供することを発表した。

スマ検は、iOS、Android OS向けアプリケーション開発技術に関する検定試験。プログラミング言語のみならず、アプリ開発技術の知識全般を問う内容になっている。

主な出題分野は以下のとおり。

  • 事前準備
  • 開発環境設定
  • 開発者登録
  • アプリ企画
  • UI/UX設計
  • アプリデザイン
  • アプリ開発・コーディング
  • 実機インストール
  • 実機検証
  • アプリ申請

試験はオンライン形式。制限時間は100分。設問は全部で4000問が用意されており、1回の試験で200問が出題される。

設問は、D2Cがコンシューマ向け事業で蓄積したアプリ開発・運営ノウハウと、ジークラウドが教育事業「RainbowAppsスクール」で蓄積したノウハウを元に、「RainbowAppsスクール」の講師陣が作成する。受講料は、試験公開時に発表される予定。

スマ検のサイトイメージ

スマートフォンアプリ開発技術検定試験の試験イメージ



関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事