MMD研究所、全国7都市・140カ所でAndroid/iPhoneの通信速度調査を実施

 

MMD研究所は12月13日、AndroidスマートフォンおよびiPhoneを使用し全国の主要7都市・140カ所で通信速度調査を実施した。

同調査は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルから2013年冬モデルの主要端末が発売されたことを受け、2013年9月に行ったiPhone 5c通信速度調査に続き、各キャリアのネットワーク状況の把握を目的に実施されたもの。調査の対象となったのは、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡。各都市それぞれ20カ所で通信速度を計測した。

通信速度の計測には「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを使用。10時から19時の時間帯に同条件下で各端末3回の計測を行い、平均値を記録した。また、調査地点でのLTE化率は3キャリアとも100%とのこと。使用した端末はAndroidはドコモが「Xperia Z1 SO-01F」、auが「isai LGL22」、ソフトバンクが「AQUOS PHONE Xx 302SH」。iPhoneは、それぞれの通信事業者が提供するiPhone 5s。

調査の結果は次の通り。ダウンロード平均スピードはAndroidはソフトバンクが26.62Mbps、ドコモが25.39Mbps、auが22.22Mbps。iPhoneはソフトバンクが25.72Mbps、ドコモが20.65Mbps、auが20.21Mbps。Android、iPhoneともにソフトバンクの通信速度が最も速かった。

同調査ではこのほか、ダウンロード平均スピードが20Mbps以上の調査スポット数も記録。結果はAndroidはソフトバンクが97カ所で全体の69.3%、ドコモが77カ所で55.0%、auが69カ所で49.3%。iPhoneはソフトバンクが94カ所で67.1%、auが61カ所で43.6%、ドコモが55カ所で39.3%。20Mbps以上の速度が出たスポットの数もソフトバンクがトップだった。

(記事提供:AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

西田敏行、復帰後初イベントで笑顔「万全です」- 演じたクマへの思いも
[20:35 7/27] エンタメ
海女の娘が「ウニめっちゃおる!」- 日本vs世界で漁業をテーマに"頂上対決"
[20:35 7/27] エンタメ
東京都交通局「都電荒川線スタンプラリー」沿線4区のグッズ当たる! 8/1から
[20:28 7/27] ホビー
iiyama PC、Windows 7 Professional 32bit搭載のビジネス向けミニタワーPC
[20:24 7/27] パソコン
「京急リラックマトレイン」も運行、「リラックマ×京急電車企画」8/1から
[20:20 7/27] ホビー