ソフトバンク、802.11acやMIMO、5GHz帯に対応した個人宅用Wi-Fiルータ提供

ソフトバンクモバイルは12月12日、IEEE 802.11ac対応したフォン・ジャパン製個人宅向けWi-Fiルータ「FON2601E」の提供を開始した。同社スマートフォン利用者向けの製品で、移動機の割賦契約購入と同時の場合に申し込み可能。月額200円(計24回)の分割払いのほか、価格は4,800円の一括払い(一部店舗では非対応)でも購入可能。

個人宅向けWi-Fiルータ「FON2601E」(フォン・ジャパン製)

同製品は、同社スマートフォンのほか、自宅のWi-Fi対応PCなどでも利用できるWi-Fiルータ。同社スマートフォンの利用者で、データ定額プラン「パケットし放題フラット for 4G LTE」「(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE」「パケットし放題フラット for 4G」のいずれかに加入しているユーザーが利用できる。

本体の寸法・重量は約109(W)×109(H)×37.5(D)mm・約117g。機能面では、下り最大866Mbpsの最新Wi-Fi規格「IEEE 802.11ac」や複数アンテナによる通信速度を向上技術「MIMO(2×2)」方式、2.4GHz帯に加えて電波干渉の少ない5GHz周波数帯に対応する。世界中で1,200万以上ある「Fon Wi-Fiスポット」を無料で利用できるほか、最新の暗号化規格WPA2もサポートする。

(記事提供:AndroWire編集部)


関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事