米Google、ソニー製ファブレットのGoogle Play版「Sony Z Ultra」発売

 

米Googleは12月10日 (現地時間)、米国のGoogle PlayストアでAndroidファブレット「Sony Z Ultra Google Play Edition」を発売した。ソニー製品初のGoogle Playエディション端末であり、最新のAndroid (4.4 KitKat)を搭載する。価格は649ドル。

Sony Z Ultra Google Play Edition

Google Playのみで販売されるSony Z Ultra Google Play Editionは、ソニーが米国で販売している「Xperia Z Ultra LTE」 (SIMフリー版、679ドル)のハードウエアに、Googleのアプリ群を搭載した最新のAndroidを組み合わせたものだ。

ディスプレイは、6.4インチで解像度は1920×1080 (342ppi)。CPUはQualcomm MSM8974 (2.2GHzクアッドコア)。RAMは2GB。内蔵ストレージは16GBだが、micro SD/XDカードスロットを装備している。Google Playで販売されている端末では、数少ないメモリーカードで拡張できる端末である。カメラはメインカメラが8メガピクセル、フロントカメラが2メガピクセル。ワイアレス機能は、802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz、5GHz)、Bluetooth、NFCなど。バッテリー容量は3000mAh。本体サイズは179×92×6.5ミリで、重さは212グラムだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス