「第3回 将棋電王戦」対戦カード&日程発表、振り駒で安倍晋三総理が登場

ドワンゴと日本将棋連盟は東京・六本木のニコファーレにて10日、「第3回 将棋電王戦」記者発表会を開催した。

「第3回 将棋電王戦」記者発表会

発表会には日本将棋連盟理事・谷川浩司九段、日本将棋連盟理事・片上大輔六段、ドワンゴの川上量生会長、「第3回 将棋電王戦」に出場するプロ棋士と将棋ソフト開発者が登壇し、対戦カード、対局日程、会場などを発表。さらに、スペシャルゲストとして、まさかの安倍晋三内閣総理大臣が登場して振り駒を行い、先手・後手番が決定した。「第3回 将棋電王戦」の対戦カード、対局日程、会場は以下のとおり。

第3回 将棋電王戦 日程

第一局 3月15日(土)/有明コロシアム(東京)
菅井竜也五段(▲先手) 対 習甦(竹内章氏)

第二局 3月22日(土)/両国国技館(東京)
佐藤紳哉六段     対 やねうら王(磯崎元洋氏)(▲先手)

第三局 3月29日(土)/あべのハルカス(大阪)
豊島将之七段(▲先手) 対 YSS(山下宏氏)

第四局 4月 5日(土)/小田原城(神奈川)
森下卓 九段     対 ツツカナ(一丸貴則氏)(▲先手)

第五局 4月12日(土)/将棋会館(東京)
屋敷伸之九段(▲先手) 対 ponanza(山本一成氏・下山晃氏)

振り駒を行った安倍晋三内閣総理大臣

実際の振り駒で、五枚すべて「歩」を出した(奇数局はプロ棋士の先手となる)安倍総理は「五枚とも歩が出る確率は低いと思いますが、気持ちよかったです。今年は富士山が世界遺産に登録されましたが、将棋もクール・ジャパンで世界に発信していきたいですね」と話し、「官房長官からお話があったのですが、ニコニコ動画は思い出深い場所。参議院選や総裁選の時も出させていただきましたし、ホームグラウンドだと思っています」と今回の振り駒を受けた経緯を説明した。

また安部総理は、当時の日本将棋連盟会長の故・米長邦雄氏と将棋を指したエピソードも披露しながら、電王戦の魅力について「コンピュータは感情がなく、淡々と価値に向かっていく。人間には感情もあれば意思もある。かえって邪魔になるかもしれませんが、だからこそ面白い。コンピュータも日々進化していますが、人間側にぜひ勝って欲しい。何勝何敗何分けになるのか楽しみにしています」と語っていた。

この日の発表会ではそのほかにも、「第3回 将棋電王戦」の特別協賛としてソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)、日産自動車、おやつ協賛としてローソンが決定。また、2013年12月31日には、「第2回 将棋電王戦」で熱戦を繰り広げた船江恒平五段とツツカナが「電王戦リベンジマッチ」として、再戦を果たすことも発表されている。

関連記事

「第3回 将棋電王戦」までに知っておきたいプロ棋士5人の棋風と人物像 - プロ好条件は背水の陣
[2013/10/11]
「将棋電王トーナメント」をより楽しむために読んでおきたいコンピュータ将棋の魅力&知識、そして注目ソフト
[2013/10/30]
サトシンと相棒が見せた驚異のシンクロ率「電王戦タッグマッチ」で生まれた名局を解き明かす
[2013/9/9]
秒間3億手を読む最強ソフト「GPS将棋」はいかにして敗れたか - 最強競う知の祭典「第23回世界コンピュータ将棋選手権」
[2013/5/10]
「第2回将棋電王戦」閉幕、約1カ月の激闘をプロ棋士と開発者が振り返る - 全体記者会見
[2013/4/21]
コンピュータは"生きた定跡"を創り出したか? - 鉄壁の包囲網を突破したGPS将棋の超攻撃的センス「将棋電王戦」第五局
[2013/4/24]
泥にまみれた塚田九段が譲れなかったもの -『将棋電王戦』第四局 "棋士の意地"すら超えた、勝負への壮絶な執念
[2013/4/17]
逆転に次ぐ逆転と「△6六銀」の謎 -『将棋電王戦』第三局で見えたコンピュータと人間、それぞれの弱点
[2013/4/10]
進化の壁を越えたコンピュータが歴史に新たな1ページを刻む――「将棋電王戦」第二局はコンピュータの勝利
[2013/4/3]
若き天才棋士が見せた"戦いの理想形"とコンピュータの悪手――「第2回将棋電王戦」第一局は人間の完勝
[2013/3/27]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事