ドコモ、チャイナモバイル、KTとの事業協力契約を2017年1月まで延長

 

NTTドコモは4日、中国の通信事業者のチャイナモバイル、韓国の通信事業者KTと2011年1月に締結した3社間の事業協力契約について、2017年1月まで3年間延長することで合意したと発表した。

NTTドコモは両社との事業協力活動を通じて、NFC国際ローミングの共通仕様策定やコンテンツ等の相互提供などを進めてきた。

今回の契約延長で、今後ドコモでは、日中韓における「LTE国際ローミングサービス」の提供の早期実現を目指していく。その第一段階として、KTのユーザーを対象としたドコモのLTEネットワークへの「LTE国際ローミングインサービス」の提供を12月2日に開始したという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

長友佑都が『アナザースカイ』登場 - "アモーレ宣言"後収録で今田耕司は…?
[11:37 7/1] エンタメ
【レポート】1万人ユーザーのSAPをAWSに構築したアズビル、約1億円のコストダウンの見込み
[11:30 7/1] 企業IT
BREXITの衝撃! 金融市場に平穏は戻るのか
[11:04 7/1] マネー
Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」は7月15日発売、69,980円
[11:00 7/1] 家電
【レポート】中山優馬、引き出しの多さ・切り替えの上手さで現場をひっぱる存在に - 監督は語る
[11:00 7/1] エンタメ