ドコモ、チャイナモバイル、KTとの事業協力契約を2017年1月まで延長

 

NTTドコモは4日、中国の通信事業者のチャイナモバイル、韓国の通信事業者KTと2011年1月に締結した3社間の事業協力契約について、2017年1月まで3年間延長することで合意したと発表した。

NTTドコモは両社との事業協力活動を通じて、NFC国際ローミングの共通仕様策定やコンテンツ等の相互提供などを進めてきた。

今回の契約延長で、今後ドコモでは、日中韓における「LTE国際ローミングサービス」の提供の早期実現を目指していく。その第一段階として、KTのユーザーを対象としたドコモのLTEネットワークへの「LTE国際ローミングインサービス」の提供を12月2日に開始したという。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ソニー、Aマウント一眼レフ最上位機「α99 II」国内でも発表
[12:25 9/28] スマホとデジタル家電
ヘルパーT細胞の分化にはプロテインキナーゼDが必須 - 九大発表
[12:14 9/28] テクノロジー
Apple Watch Series 2とiPhone 7 Plusで、ニューヨークの街を歩いてきた - 松村太郎のApple深読み・先読み
[12:14 9/28] スマホとデジタル家電
ジュエリースナップ 第390回 あらいさん
[12:00 9/28] ライフスタイル
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (11) イベントの扱い方
[12:00 9/28] 企業IT