ドコモ、チャイナモバイル、KTとの事業協力契約を2017年1月まで延長

  [2013/12/04]

NTTドコモは4日、中国の通信事業者のチャイナモバイル、韓国の通信事業者KTと2011年1月に締結した3社間の事業協力契約について、2017年1月まで3年間延長することで合意したと発表した。

NTTドコモは両社との事業協力活動を通じて、NFC国際ローミングの共通仕様策定やコンテンツ等の相互提供などを進めてきた。

今回の契約延長で、今後ドコモでは、日中韓における「LTE国際ローミングサービス」の提供の早期実現を目指していく。その第一段階として、KTのユーザーを対象としたドコモのLTEネットワークへの「LTE国際ローミングインサービス」の提供を12月2日に開始したという。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

ヤマハ、エントリー機ながらDolby AtmoやDTS:Xに対応するAVレシーバー
[21:59 5/24] 家電
[清水富美加]「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」ヒロインの魅力は「清純という名のエロス」
[21:44 5/24] エンタメ
安野モヨコ「鼻下長紳士回顧録」イメージした女性服が伊勢丹に
[21:31 5/24] ホビー
新たな完全ワイヤレスイヤホン「Aria One」 - e☆イヤホンで先行販売
[21:09 5/24] 家電
ジョニデ、アン・ハサウェイ『アリス・イン・ワンダーランド』USプレミア登場
[21:03 5/24] エンタメ

特別企画 PR