オーリック、リアルタイムWebアクセス解析ソフト最新版でビーコン方式採用

オーリック・システムズ(以下 オーリック)は11月29日、リアルタイムWebアクセス解析ソフト「RTmetrics(アールティーメトリックス)」の最新版「RTmetrics V 9.1.0」と、「RTmetrics」でのビーコン方式の解析を容易にする新製品「RTmetrics Beacon Collector」の同時発売を開始したと発表した。

「RTmetrics Beacon Collector」の仕組み

「RTmetrics」は、クライアントとWebサーバー間の通信のパケットデータを収集し、任意の形式にデータを加工して解析するパケットキャプチャー方式、Webサイトにビーコンタグを埋め込み、クライアントから解析用のデータを取得し解析するビーコン方式、Webサーバーのログを定期的に取り込んで解析するログ方式、全ての解析ニーズに対応可能なハイブリッド型オンプレミス製品として提供している。

今回提供を開始する「RTmetrics Beacon Collector」は、ビーコン方式でのアクセス解析を容易に実現するサーバープログラムで、社外サイトにビーコンタグを埋め込み、同製品を利用することで、例えばメインのサービスは社内サーバーで提供し、ランディングページ、一時的なキャンペーンページ、申し込みフォームなどのサイトは外部サービスなど社内サーバーとは別のクラウドサービスを利用する環境で社内サーバーと同様にアクセス状況を横断的に把握したり、サイトの利用者の行動を詳細に解析したりすることが可能になる。

ビーコン方式とは、サイト訪問者がサイトのコンテンツをクリックした際、htmlに記述したJavaScript等のタグが動作し、アクセス解析データをサービス提供事業者のサービス環境に送信し、解析する方式。

同時に提供される「RTmetrics V 9.1.0」では、新たにActive DirectoryやLDAPを利用した外部認証システムとの連携が可能。各種定義ファイル類の自動更新機能も新たに追加され、通常メンテナンスにおける運用負荷の大幅な削減を実現、解析業務およびデータ活用により集中できる環境を提供する。

「RTmetrics Beacon Collector V 1.0.0」の販売価格は30万円(税別)から。(対応するRTmetircsのバージョンは「RTmetrics V 9.1.0」となる)「RTmetrics V 9.1.0」の販売価格は450万円(税別)から。保守契約を締結している場合は無償でアップデートが可能。同社および販売パートナー経由となる。



関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事