ノックひとつでネコの命を守る「ボンネットコンコンキャンペーン」

 

寒い季節は特に注意が必要

人と動物とのよりよい関係のために、様々な情報を発信している非営利団体Paws in Clover, Kochi(パウズ イン クローバー,コウチ。以下Clover)は、「どうぶつの命を守ろう!『ボンネットコンコン』キャンペーン」を展開している。

冬はエンジンルームに動物が入り込むケースが急増

同団体によると、気温が下がってくると暖かい場所を求め、ネコなどの小動物が自動車のエンジンルームにもぐり込むことが増えてくるという。ドライバーが気づかずにエンジンを始動させ、動物たちをベルトなどの回転部分に巻き込んでしまう事故が報告されている。

このような悲劇を少しでも減らそうと、同団体は「どうぶつの命を守ろう!『ボンネットコンコン』キャンペーン」を展開。エンジンを始動させる前にボンネットをたたき、エンジンルームの中にいる可能性がある動物に、こちらの存在を気づかせるというもの。「クラクションを鳴らす」「車体を揺らす」「大きな声を出す」などの方法も有効だという。

しかし、実際には「人と一緒だったり、周りに人がいると恥ずかしい」「慌てていてすぐ車に乗り込んでしまった」など、ノックができなかったという声も寄せられている。そのような時の策として、車のドアを強めに閉め直すなどのワンアクションを行い「すぐにエンジンをかけないこと」を提案している。

最近の車はボンネットの中に動物たちが入りにくい構造となっているが、それは一度入れば出にくくなるという一面も持っている。パニックになりやすい動物たちは、突然の強めのノック音に無音で行動することは難しく、そのパニック音に耳をすませることがとても重要だという。

キャンペーンの詳細は、CloverのFacebookでも案内している。

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年6月28日の運勢

イチオシ記事

新着記事

女性の4割が「自宅以外のトイレで温水洗浄便座を使用しない」 - 理由は?
[16:50 6/28] ヘルスケア
楽天モバイル、端末や5分かけ放題のセットプラン - 月額1,880円から
[16:43 6/28] 携帯
レディー・ガガ、ダライ・ラマ14世と対談 - 悪への対処法など意見交換
[16:40 6/28] エンタメ
格安SIM、満足度が高い事業者1位は?
[16:31 6/28] マネー
[講演レポート提供]IoTビジネスで勝つ! トップランナーが語る「日本企業が目指すべき道」
[16:30 6/28] 企業IT