都営バスで無料Wi-Fiサービス開始 - 12月20日から、都01系統・深夜01系統で

 

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)と東京都交通局は22日、都営バス内で使える無料Wi-Fiサービス「Toei Bus Free Wi-Fi」を発表した。2013年12月20日の終夜バスの運行開始に合わせ、提供を開始する。提供区間は、都01系統・深夜01系統(渋谷~六本木~新橋)。

車内に設定したSSIDに接続し、AndroidやiOSデバイス、WindowsおよびMac、Nintendo 3DS、PSPなど、Wi-Fi搭載機器をインターネットに接続できる。1回の利用時間は180分まで、1日の接続回数は無制限。なお、通信にセキュリティ(暗号化)は設定されていない。

利用できる言語は、外国人旅行者などの利便性を考慮し、日本語、英語、中国語、韓国語に対応する。

なお、多摩地区の山間部の運行時や車両整備時等はWi-Fiサービスを利用できないことがあるという。また、NTTドコモの「docomo Wi-Fi」契約者は、「docomo Wi-Fi」サービスも合わせて利用できる。

サービスはNTTBPが提供。路線バスでユーザーを問わず無料利用できるWi-Fiサービスの導入は、都内のバス会社で初という。2013年12月20日の都01系統・深夜01系統(渋谷~六本木~新橋)から導入を開始し、平成25年度内に都営バスの全1,452車両でWi-Fiサービスの導入を目指す。

Toei Bus Free Wi-Fiの利用方法

人気記事

一覧

新着記事