週刊少年ジャンプに帰ってきてほしい!漫画家ランキング

 

週刊少年ジャンプに帰ってきてほしい!漫画家ランキング

あれから10日後――その先を知りたい!
 「少年向けの漫画誌」といえばまず始めに思い浮かべる人が多い『週刊少年ジャンプ』。数ある漫画誌の中でも高い人気と知名度を誇り、今年で創刊45周年という長い歴史を持っています。同誌からは数々の人気漫画家が誕生し、卒業をしていきましたが、中には「ジャンプに帰ってきて!」というファンからの声が今も絶えない漫画家が少なくありません。
1位:井上雄彦
2位:荒木飛呂彦
3位:北条司
4位:和月伸宏
5位:原哲夫/武論尊

 そんな漫画家の代表とも言えるのが、高校のバスケットボール部を舞台にした漫画『SLAM DUNK』を1990年から1996年にかけて連載し、一躍人気漫画家に上り詰めた《井上雄彦》です。現在は剣豪・宮本武蔵が主人公の『バガボンド』を『モーニング』で連載中ですが、『SLAM DUNK』の連載が唐突な形で終了し、後日談を描いた黒板漫画『あれから10日後−』公開からも既に数年が経過しているため、「第二部を描いてほしい」、「また少年誌向けの作品を描いてほしい」という声は依然として根強いようです。

 続いて人気が高かったのは、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズでおなじみの《荒木飛呂彦》でした。『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズは、現在も掲載誌を『ウルトラジャンプ』に移して連載が続けられていますが、長期間にわたってジャンプ誌上で連載されていたこともあり、ジャンプ読者にとっては「こちらに帰ってきて!」という思いが強いようです。移籍先で人気シリーズの続きを描き続けている漫画家としては、このほかにも『キン肉マン』の《ゆでたまご》や『テニスの王子様』の《許斐剛》がいますが、応援している作品・シリーズの掲載誌が変わったからといって、気軽に愛読している漫画誌はなかなか乗り換えられないもの。作家の移籍にはそれなりの事情があるとはいえ、読者にとっては悩ましいところですね。

調査方法:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)提供の「gooリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2013/10/4〜2013/10/8
有効回答者数:1,074名


本記事は「gooランキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Twitter、写真ツイートの画像加工機能に「ステッカー」を追加
[04:41 6/28] 携帯
[アイドルマスター]シングル「ハイファイ☆デイズ」がシリーズ初の首位
[04:00 6/28] ホビー
[おそ松さん]ドラマCD第5弾がオリコン6位 発売初週に2.4万枚
[04:00 6/28] ホビー
『おそ松さん』、ドラマCD第5弾がオリコン6位 - 5作連続TOP10を記録
[04:00 6/28] ホビー
「ハイファイ☆デイズ」、「アイマス」関連シングルで初のオリコン首位獲得
[04:00 6/28] ホビー