シャープ、ロボット掃除機「ココロボ」に家電・クラウド連携強化の新モデル

ニュース
トップ

シャープ、ロボット掃除機「ココロボ」に家電・クラウド連携強化の新モデル

  [2013/11/14]

シャープは11月14日、ロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」シリーズの新モデル「RX-V200」を発表した。発売は12月5日で、価格はオープン。推定市場価格は、130,000円前後となっている。

「ココロボ RX-V200」

関連ニュース記事はこちら
声を聴き取れなくても返答可能になったロボット掃除機「ココロボ」新モデル (2013年6月12日)
シャープ、しゃべるロボット掃除機「ココロボ」に小回り可能な新モデル (2012年11月21日)

人工知能「ココロエンジン」を搭載し、音声認識によるコミュニケーション機能を備えたロボット掃除機「ココロボ」シリーズの新モデル。従来モデルでは別売だった家電コントローラーを本体に内蔵したほか、スマートフォンと連携して外出先から遠隔操作が可能になった。

内蔵の家電コントローラーでは、テレビやエアコン、LED照明などの電化製品のオン・オフなどを行える。さらに、外出先から無線LANルーターを介してスマートフォンでココロボに指示を出すことで、帰宅前にエアコンのスイッチを入れておいたり、LED照明を点けたりすることが可能。遠隔操作は、スマートフォン向けアプリ「ココロボ~ド」を使うことで、イラスト化された分かりやすい画面で行うことができる。

イラスト化された画面で操作が分かりやすい「ココロボ~ド」

また、クラウド音声サービス機能も搭載。生活関連の情報をココロボが収集して教えてくれるようになっており、現状ではウェザーニューズの気象予報サービスに対応している。ココロボに「天気教えて」と尋ねると、「明日の天気は曇りのち雨だよ」などと回答してくれるという。

掃除機能では、部屋の広さやゴミの量、床の種類を検知する「スマートお掃除機能」を搭載。吸込口内部にある「ゴミセンサー」がゴミの量、床の種類を識別して、モーター回転数を11,000回転/分から16,000回転/分まで可変可能となっている。

そのほか、直径を30.4cmとコンパクトなボディや、ココロボの発話音声を自分の好きな声に差し替えられる「音声カスタマイズ」、プラズマクラスターイオン放出機能などを搭載。本体をコンパクトサイズに抑えることで35cmまでの椅子の間を走行可能となっている。なお、言語は日本語(標準語、関西弁)、英語、中国語に対応する。

主な仕様は、最大稼働面積が約40畳、高速回転ターボファンの回転数が約11,000回/分~16,000回転/分、内蔵バッテリーの充電時間は約4時間、フル充電時の最長運転時間は約100分となっている。充放電回数の目安は約1,100回。

本体サイズはW304×D304×H99mm、重量は2.7kg(バッテリー含む)だ。

フォトギャラリー(クリックで拡大とスライドショー)

関連キーワード

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    福島、廃炉へ冠水など3工法検討 - 最難関の溶融燃料取り出し
    [02:00 4/2] 共同通信
    山口智子、夫・唐沢寿明との円満の秘訣は「毎晩手をつないで寝る」
    [00:20 4/2] エンタメ
    エイプリルフール 2015 一般企業まとめ - Audi、ボルボ、講談社…etc
    [00:13 4/2] マーケティング
    ちょぼらうにょぽみ「不思議なソメラちゃん」アニメ化
    [00:00 4/2] ホビー
    Type Coverは? Surface Penは? 見逃せない「Surface 3」の専用アクセサリ
    [00:00 4/2] パソコン

    特別企画

    一覧