ニコン、FXフォーマット史上最小・最軽量ボディの一眼レフ「Df」

ニコンは11月5日、デジタル一眼レフカメラ「Df」を発表した。発売は11月28日で、価格はオープン。

パッケージは本体のみのものと、交換レンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition)」が付属するレンズキットが用意される。推定市場価格は本体のみが280,000円前後、レンズキットが300,000円前後。

「Df」(写真は「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition)」を装着したところ)

36×23.9mmサイズのニコンFXフォーマットCMOSセンサー、いわゆるフルサイズセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ。フルサイズセンサーを搭載しつつも、幅が約143.5mm、奥行きが約66.5mm、高さが約110mmでかつ質量約710gというコンパクト・軽量ボディを実現している。ニコンでは、「FXフォーマットデジタル一眼レフ史上、最小・最軽量ボディ」と謳う。なお、ボディは随所にシーリングが施され、防塵・防滴仕様となっている。

コンパクト・軽量でありながら、同じくフルサイズセンサーを搭載するフラッグシップ機「D4」と同等画質を実現し、画像処理エンジンはD4と同じ「EXPEED 3」を採用。拡張設定ではISO204800の超高感度撮影にも対応する。起動時間は約0.14秒、レリーズタイムラグは約0.052秒という高速レスポンスも特徴。連続撮影は最速で約5.5コマ/秒となっている。

関連記事
ニコン、新世代デジタル一眼レフ「D4」を発表 - XQDやISO204800撮影に対応 (2012年1月6日)

AFはセンサーモジュールにマルチ CAM 4800を採用。39点測距で、うち中央の9点がクロスタイプ。さらに、開放F値8に対応するフォーカスポイントも7点備えており、開放F4の望遠レンズに2倍のテレコンバーターレンズを組み合わせる場合も、AFが快適に動作する。

操作系もISO感度、シャッタースピード、露出補正などの専用ダイヤル、視野率約100%の光学ファインダーを備えるなど、ハイエンドモデルにふさわしい充実ぶり。ファインダースクリーンの結像はクリアーで、ピント合わせをサポートしてくれる。なお、ファインダー倍率は約0.7倍となっている。

上部

主な仕様は、マウントがニコンFマウントで、撮像素子が有効1,625万画素のFXフォーマット(36×23.9mm)CMOSセンサー、対応感度が常用でISO100~ISO12800(拡張設定で最大ISO50、ISO204800までの増感が可能)、シャッタースピードが1/4,000~30秒となっている。

ファインダーは視野率が約100%(FX)・約97%(DX)、倍率が約0.7倍(50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0 m-1時)、背面のモニターは3.2型・約92ドットの液晶方式。利用可能な記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカード、記録形式はRAW、TIFF、JPEG。

バッテリーはリチウムイオン充電池で、CIPA準拠の撮影可能枚数は約1,400枚。本体サイズは約W143.5×D66.5×H110mm、重量は本体のみで約710g、バッテリーとSDカードを含む状態で約765gとなっている。

フォトギャラリー(クリックで拡大とスライドショー)

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事