実は狙い目!?オタク系男子の魅力とは

  [2013/10/30]

実は狙い目!?オタク系男子の魅力とは

「オタク男子」と聞くと、なんだかマイナスなイメージを連想する方も多いですよね。でも、一昔前と違い、今はオシャレだったりイケメンだったりするオタク男子もいるようです。そんな彼らは、「オタク」だからこその魅力が盛りだくさん。
そこで今回は、「オタク男子」を彼氏や夫に持つ女子18歳~31歳に、「オタク男子ならではの魅力」を聞いてみました。
■1.(趣味さえ認めれば)心が広い、寛容「彼は大のアニメ好きで、休日にアニメを見たり声優イベントに行ったりしてますが(笑)、アニメ系のやりたいことを認めてあげれば、あとはすべて私の好きなことに積極的に付き合ってくれますよ。アニメ以外の興味の幅も広いので、どこに行っても楽しめます」(20歳/大学生)

これは「趣味に重きを置いている」人、つまりオタクだからこその魅力でしょう。趣味を優先させてあげれば、あとは何でもこちらを優先してくれるというのはとてもわかりやすくて付き合いやすいですよね。また、オタクはある意味で研究熱心でもあるので、きっかけがあれば世界を広げてくれるオタク男子も多いようです。
■2.(2次元を除けば)浮気の心配がない「彼にとって、リアルな女子で興味があるのは私だけだと思います。好きな2次元の女の子は沢山いるようですけど、2次元は2次元なので私は気になりません。むしろ、ライバルは2次元だけなので安心してます」(18歳/専門学生)

女の子にとって浮気されるほどショックなことはありません。そのリスクが限りなく0に近いというのはとても魅力的ですよね。2次元の女の子が好きなことに抵抗がなければ、彼と一緒に「この子がかわいい」などと、一緒に楽しむのもいいかもしれません。
■3.基本的にポジティブシンキング「夫は仕事がとても忙しいしストレスのたまる職種だけど、『萌え』というエネルギー源のおかげでいつも楽しそうでポジティブ。私のおかげでないのは悔しいですが(笑)でも私にどっぷり頼られるより、萌えを支えに元気になってくれる夫は頼もしいですし、こちらにとっては楽ですよね(笑)」
(29歳/主婦)

もはやオタク趣味が生きがいというところまで達していれば、ストレスがあっても『萌え』補給をすることで乗り越えられるのでしょう。このストレス社会を生き抜く強い性質を持つ男子、それがオタク男子なのかもしれません。
■4.子どもの相手が得意「夫は特撮好きなのですが、4歳の息子とのヒーローごっこは夫のほうが真剣になってます(笑)また根が研究熱心なので、子どもの『なぜなぜ攻撃』にもひとつひとつ調べたり、外に行って実験して見せたり、とことん付き合います。そういうときはオタク気質のパパでよかったなあと思いますよ」(31歳/主婦)

特撮やゲームなど、オタク男子が好きなものと、子どもが好きなものはかぶることも多いですよね。子どもは、普通の大人よりいっしょになって本気で楽しんでくれる大人のほうが喜ぶもの。また、オタク男子は研究熱心な性質も持っているので、子どもの「なぜなぜ」相手にもぴったり。意外と、オタク男子はいい父親になるタイプかもしれませんね。
■5.服装を抵抗なく変えてくれる「顔は整ってるのに、妙に黒づくめな服装をしていたダサい彼。でも単に『何を着たらいいかわからない』というだけだったので、私好みの服装や髪形にどんどん変えさせちゃいました。こだわりがない分、すぐにイケメンへ変身!おかげで女子が寄って来るようになりましたが、中身は相変わらず二次元好きなので安心なまま(笑)」(19歳/大学生)

昔より少なくなったとはいえ、まだ「黒づくめファッション」「やたらとチェックシャツ」のオタク男子、よく見かけますよね。でもそれはこだわりがあるというわけではないので、自分の好みに合わせて変身させちゃえるのがいいところ!服装と髪型を変えたらイケメンのオタク男子、実はあなたの周りにもいるのかも。
■おわりにいかがでしたでしょうか?オタク男子ならではの魅力をご紹介しましたが、意外と長く付き合えるいい彼氏・夫になれそうですよね。「オタクだから・・・」という色眼鏡を取って、「意外といいかも?」という目線で見てみてください。もしかしたら、光る原石かもしれませんよ!

(福井優/ハウコレ)


本記事は「ハウコレ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論
[08:30 6/1] エンタメ
Red Hat、「Ansible」最新板はコンテナ・Windows・Azureに対応
[08:30 6/1] 企業IT
Qualcomm、活動量計など省電力ウエアラブル向SoC「Wear 1100」発表
[08:18 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 世界初の17インチ2-in-1 PC「Inspiron 17 7000」、実機はかなりの存在感
[08:03 6/1] パソコン
【連載】鉄道ニュース週報 第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
[08:00 6/1] ホビー