ウイングアーク、BIツールと日立の高速データアクセス基盤連携のアダプター

ウイングアークは、情報をダイナミックに可視化するBIツール「MotionBoard」と、日立製作所(以下、日立)が10月30日から販売開始する、ビッグデータの利活用を実現する高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」の新モデルとを連携させる専用アダプター「MotionBoard Adapter for Hitachi Advanced Data Binder」を10月30日より販売を開始すると発表した。

「MotionBoard」製品画面(ダッシュボード機能)

「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」は、ビッグデータの利活用における、データの検索および分析を高速に行うデータアクセス基盤として、超高速データベースエンジンと、高信頼・高性能なサーバー、ストレージを組み合わせ、分析のニーズに合った構成で提供するプラットフォーム製品。

「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」概要

本アダプターにより、リアルタイムにデータベースに接続しダイナミックな表現が可能な「MotionBoard」がフロントエンドになり、「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」で高速処理された情報を迅速に可視化、大規模、高速性、信頼性が求められる領域での分析および、ビッグデータの利活用を実現する。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事