米Apple、9.7インチタブレット「iPad Air」発表 - 11月1日より日本でも発売

米Appleは10月22日(米国時間)、米サンフランシスコで開催したスペシャルイベントで、9.7インチディスプレイを搭載したタブレット端末「iPad Air」を発表した。発売は11月1日からで日本でも同日より提供を開始する。価格はWi-Fiモデルの16GB版が499ドル、日本では51,800円で取り扱う。

iPad Air

iPad Air は、264ppi・2048×1536ドットの9.7インチのRetinaディスプレイを搭載したタブレット端末。従来モデルと比較してベゼル部を43%狭額縁化し、厚さは従来モデルの9.4mmから20%薄く7.5mmとなった。チップセットはA7とM7モーションコプロセッサで、オートフォーカス対応の5メガピクセルiSightカメラを搭載。OSはiOS 7を採用する。機能面では、FaceTime HDカメラに対応するほか、1080pのHDビデオ、HDR写真の撮影が可能。

ラインナップはWi-FiおよびWi-Fi+Cellularの2モデルで、それぞれ16GB版、32GB版、64GB版、128GB版を用意。Apple Online Storeでの価格は16GB版が51,800円、32GB版が61,800円、64GB版が71,800円、128GB版がが81,800円。なおApple Online Storeでは、Wi-Fi+Cellularモデルは取り扱わないため、同モデルの価格についての記載はない。また同サイトにはソフトバンクモバイルとKDDI(au)のロゴが記載されている。

Apple Online StoreのiPad Air購入ページ

通信機能はWi-FiモデルがWi-Fi(IEEE 802.11a/b/g/n)デュアルチャネル(2.4GHz/5GHz)、高速Wi-Fi技術「MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)」、Bluetooth 4.0に対応。Wi-Fi+Cellularモデルはこれに加えて、UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850/900/1,900/2,100MHz)、GSM/EDGE(850/900/1,800/1,900MHz)、CDMA EV-DO Rev.AおよびRev.B(800/1,900MHz)に対応。LTEもサポートする。

サイズは240(H)×169.5(W)7.5(D)mm。重量はWi-Fiモデルが469g、Wi-Fi+Cellularモデルが478g。駆動時間は最大で10時間。カラーバリエーションはスペースグレイとシルバーの2色。このほか、専用の周辺機器として、折りたためばスタンドとしても利用できる「Smart Cover」、iPad Airの表と裏を保護できる「Smart Case」を用意。両製品は豊富なカラーバリエーションで展開する。

従来モデルとの比較

専用の周辺機器として2種類のカバー/ケースも提供される

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事