米Apple、高精細タブレット「iPad mini Retinaディスプレイモデル」発表

米Appleは22日(米国時間)、米サンフランシスコで開催したスペシャルイベントで、Retinaディスプレイを搭載した7.9インチタブレット「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を発表した。価格は最安のWi-Fiモデル16GBが399ドル。日本円で41,900円。11月中の発売予定。Wi-Fi+Cellularモデルは529ドル、日本円で約5万円強となる。国内での発売日は未定。

iPad mini Retinaディスプレイモデル

今回発表された第2世代目となる新たなiPad miniは、高精細のRetinaディスプレイを搭載したのが特徴。初代iPad miniとディスプレイサイズは同じだが、初代iPad miniのディスプレイ解像度が1024×768ドットなのに対し、iPad mini Retinaディスプレイモデルは、2,048×1536ピクセル(326ppi)と大幅に向上している。プロセッサーも64ビットアーキテクチャ搭載の「Apple A7」チップ、M7モーションコプロセッサとなり、初代よりも4倍の処理速度、8倍のグラフィック性能となる。

Wi-Fiは802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHzのデュアルバンド)、Bluetooth 4.0対応。CellularモデルではLTEにも対応する。カメラは5メガピクセルのiSight、1.2メガピクセルのFacetime HDカメラを装備。1,080pのHD動画のビデオ撮影も行える。

サイズ/重量は、Wi-Fiモデルが(H)200×(W)134.7×(D)7.5(㎜)/331gで、Wi-Fi+Cellularモデルが(H)200×(W)134.7×(D)7.5(㎜)/341g。

価格はWi-Fiモデルの16GB版が41,900円、32GB版が51,800円、64GB版が61,800円、128GB版が71,800円。Wi-Fi+Cellularモデルの価格については未定。取り扱いキャリアは、ソフトバンクモバイルおよびKDDI。カラーはスペースグレイとシルバーの2色を用意している。

クリックで拡大とスライドショー

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事