特定のMacBook Airのストレージに不具合、Appleが交換プログラムを開始

 

米Appleは17日(現地時間)、前世代MacBook Airのシステムで使用されている特定の64GB/128GB フラッシュストレージが動かなくなる恐れがあるとして、同社の正規サービスプロバイダ(AASP)にて影響を受けたSSDの無償交換を受け付けると発表した。

対象となるのは、2012年6月から2013年6月までの期間に販売されたMacBook Airのシステム。不具合の可能性がある場合は、Mac App StoreでFlash Storageのファームウェアを1.1にアップデートすることで、影響があるかどうかのテストが行える。

もしドライブに影響があった場合、新OSやアプリケーションのインストールは避け、データのバックアップを定期的に取るよう呼びかけている。

Appleはこの問題について、Apple StoreやApple Authorized Service Provider、Apple Technical Supportなどで問い合わせを受け付ける。なお、この問題によるMacBook Airの保証期間の延長はない。

Appleのサポートページによる発表

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル