日本HP、世界初のモーションセンサー内蔵17.3型ノートPC「HP ENVY17 LMSE」

日本ヒューレット・パッカードは18日、新しい入力デバイス「Leap Motion」(リープモーション)を搭載した17.3型フルHDノートPC「HP ENVY17 Leap Motion Special Edition」を発表した。同社の直販サイト「HP Directplus」専用モデルとなり、11月中旬から発売する。BTOに対応し、最小構成価格は139,860円。

HP ENVY17 Leap Motion Special Edition

Leap Motionは、米国のベンチャー企業が開発したモーションコントロールデバイス。手の動きをセンサー(Leap Motionコントローラ)が感知し、手の動きに合わせたPC操作を実現する。Leap Motionコントローラは、基本的にはUSB接続の外付けデバイスだが、「HP ENVY17 Leap Motion Special Edition」はパームレスト右側に内蔵している点が大きな特徴。PCへの内蔵は世界初となる(日本ヒューレット・パッカード調べ)。

仕組みを簡単に述べると、Leap Motionコントローラが持つ赤外線3Dカメラ×2基によって、手の動きを映像としてとらえる。形状、動き、位置を認識し、それに対応した動作を行う。精度は最高100分の1mm、認識範囲は中心から約150度、高さにして約25mmとなっている。また、トラッキング速度として、高精度/速度重視/バランスが選べる。

パームレストの右側にある黒くて細いバー状のものが、Leap Motionコントローラ(写真左)。手の動きだけでWindows 8.1やWebブラウザ、アプリケーション、ゲームなどをほとんど自在に操作できる

PCの入力デバイスとしては、キーボードとポインティングデバイス(マウス/トラックボール/タッチパッド)が定番、そして最近はタッチパネルやペン入力が台頭してきた。日本ヒューレット・パッカードでは、Leap Motion(モーションコントロール)がこれらを置き換えるものではなく、互いに補完しあったり、新しいアプリケーションやエンターテインメントの可能性を拓くものと期待を寄せている。

今回の発表に先だって行われた内覧会では、「HP ENVY17 Leap Motion Special Edition」とLeap Motionのデモを披露。Windows 8.1のデスクトップやWebブラウザ、Leap Motion用に作られたゲーム、地図アプリの「Google Earth」などを、手の動きで操作できる。筆者も試してみたが、慣れるまでは意外と難しい。ただ、慣れてくると細かい手の動きをかなり正確に認識させられるようになり、そこそこ思うように操作できた。なんとなく「理力」を操っているようで楽しい。Leap Motionは、特にリビングPCで有用ではないだろうかと感じた。

また、Leap Motionには「Airspace」というものが用意されており、これはLeap Motionのターミナル(ポータル)や、対応ソフトを提供するアプリストアの役割を果たす。HP ENVY17 Leap Motion Special Editionにはプリインストールされている。

東京生産でBTO可能な17.3型ノートPC

HP ENVY17 Leap Motion Special Edition

ハードウェアに目を向けると、本体のトップカバーとパームレストにアルミを用い、さらにトップカバーにシルキー・ラバーコーティングを施すことで、持ちやすさに配慮している。サウンド機能は、Beats Audioクアッドスピーカー+サブウーファーと豪華。

最小構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-4702MQ(2.20GHz)、チップセットがMobile Intel HM87 Express、メモリがPC3L-12800 4GB(4GB×1、最大16GB)、ストレージが500GB SATA HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、グラフィックがNVIDIA GeForce GT 750M 4GB。OSはWindows 8.1 64bit版。

17.3型ワイドの液晶ディスプレイは、解像度が1,920×1,080ドット(フルHD)。バックライトとテンキー付きの浮き石型(アイソレーション)キーボードは、キーピッチは約18.7mm(一部キーは異なる)、ストロークは約1.5mm。バッテリ駆動時間は後日公開予定となっている。

主なインタフェースは、約92万画素Webカメラ、Gigabit Ethernet対応有線LAN、IEEE801.11acおよびIEEE802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、SDメモリーカードスロット、USB 3.0×4(うち1基は電源オフUSBチャージ機能対応)、HDMI、ヘッドホン出力/マイク入力コンボポート、指紋認証など。本体サイズはW416×D274×H29.4~36.4mm、重量は約3.5kg(予定値)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事