「ディズニーリゾード」に『アバター』の新アトラクションが2017年オープン

 

『アバター』のジェームス・キャメロン監督 (C)BANG Media International

ジェームス・キャメロン監督による大ヒット映画『アバター』(2009年)のもとにした新たなアトラクションが、米フロリダ州の「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」に2017年にオープンすることが明らかになった。

新アトラクションの開設は、10月12日から14日まで「東京ディズニーランド」内で開催されていた「D23 Expo Japan」で発表され、パークやアトラクションの企画・クオリティー管理などを手がけるウォルト・ディズニー・イマジネアリング社は、映画を手がけたジェームズ本人と実現に向けて共同作業を行っているという。惑星パンドラの世界観を「浮く山々や生物発光が美しい熱帯雨林、浮かび上がる妖精たち」などによって具現化したものになるようで、ディズニーによって公開されたイメージ写真の中では、劇中に登場するツリー・オブ・ライフなど、テーマパーク完成時の興奮が期待される内容となっている。

今回2017年オープンと発表された『アバター』のアトラクションは、ディズニー・アニマル・キングダムの拡張計画の一環で、現行計画には新たな夜間パークの開設なども含まれている。一方の映画版の続編では、アーノルド・シュワルツェネッガーが新作『アバター2』に出演するとも噂されている。

(C)BANG Media International

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

マツダ、タイのパワートレイン工場に221億円投資 - 生産能力を増強
[18:01 8/30] テクノロジー
洋楽人気対決 - ブラックモアズ・レインボー 40歳以上限定
[18:00 8/30] エンタメ
佐々木希、連続殺人鬼として再登場 - 波瑠と横山裕は警戒してホテル生活へ
[18:00 8/30] エンタメ
理研と産総研、包括的連携に関する基本協定を締結 - 2050年の課題解決に挑む
[17:57 8/30] テクノロジー
デノンの新作イヤホン3機種を聴いてきた - 新たな最上位ヘッドホンやBluetoothイヤホンの参考展示も
[17:47 8/30] スマホとデジタル家電

本音ランキング