ストーム、FreeBSD 9.2を初期搭載したミニタワー型BTO

 

ストームは16日、FreeBSD OS標準搭載PC「BSD Box」シリーズにて、FreeBSD 9.2標準搭載モデル「Storm BSD Box Mini Tower LS(ストーム BSD ボックス ミニタワー LS)」を販売開始した。BTOカスタマイズが可能で、標準構成価格は34,440円。

Storm BSD Box Mini Tower LS

「Storm BSD Box Mini Tower LS」は、OSにFreeBSD最新版の「FreeBSD 9.2」(amd64版)をプリインストールしたミニタワー型エントリーモデル。MSI製のマイクロATXマザー「MSI B75MA-E33」を採用し、CPUにはCeleron G1620を搭載する。

主な仕様は、CPUがIntel Celeron G1620(2.70GHz)、チップセットがIntel B75 Express、メモリがPC3-10600 4GB、ストレージが500GB SATA6Gb/s HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics(CPU内蔵)。OSはFreeBSD 9.2(amd64版)。

電源は80PLUS BRONZE認証取得の「SCYTHE 剛力 Naked 600W」。標準ケースは「Loop LP-2203」で、ケースサイズはW176×D395×H361mm。




関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Windows 10ミニTips 第122回 スリープ復帰時のパスワード入力設定はどこへ?
[12:04 10/1] パソコン
TVアニメ『うどんの国の金色毛鞠』、10月放送開始! 第1話場面カットを紹介
[12:00 10/1] ホビー
『魔法つかいプリキュア!』、第35話の場面写を公開! 新キャラ役にニーコ
[12:00 10/1] ホビー
[SCOOP!]福山雅治が中年パパラッチ役で新境地 陰と陽のバランスが絶妙なエンタメ作
[11:40 10/1] エンタメ
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第24回 こんな被害に遭ったことある?
[11:30 10/1] 読者プレゼント