ストーム、FreeBSD 9.2を初期搭載したミニタワー型BTO

  [2013/10/16]

ストームは16日、FreeBSD OS標準搭載PC「BSD Box」シリーズにて、FreeBSD 9.2標準搭載モデル「Storm BSD Box Mini Tower LS(ストーム BSD ボックス ミニタワー LS)」を販売開始した。BTOカスタマイズが可能で、標準構成価格は34,440円。

Storm BSD Box Mini Tower LS

「Storm BSD Box Mini Tower LS」は、OSにFreeBSD最新版の「FreeBSD 9.2」(amd64版)をプリインストールしたミニタワー型エントリーモデル。MSI製のマイクロATXマザー「MSI B75MA-E33」を採用し、CPUにはCeleron G1620を搭載する。

主な仕様は、CPUがIntel Celeron G1620(2.70GHz)、チップセットがIntel B75 Express、メモリがPC3-10600 4GB、ストレージが500GB SATA6Gb/s HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics(CPU内蔵)。OSはFreeBSD 9.2(amd64版)。

電源は80PLUS BRONZE認証取得の「SCYTHE 剛力 Naked 600W」。標準ケースは「Loop LP-2203」で、ケースサイズはW176×D395×H361mm。




関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【連載】3Dペンでカレー沢薫さんを「立体化」してみた 第2回 3Dペンは、カレー沢さんの顔を描くために生まれてきたのかもしれない
[12:00 5/25] テクノロジー
TVアニメ『少年メイド』、第7話のあらすじ&先行場面カットを公開
[12:00 5/25] ホビー
【コラム】週刊こむぎ 第29回 そこにいるだけで 助けになる
[12:00 5/25] 企業IT
【連載】漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第281回 マジックテープを使って
[12:00 5/25] 趣味
【レポート】MicrosoftがなぜOSSにコミットする?開発者イベント「de:code 2016」が開催
[11:38 5/25] 企業IT

特別企画 PR