FreeBSD 10.0-BETA1登場

FreeBSD - The Power To Serve

FreeBSD 10.0-RELEASEへ向けた最新ベータ版となる「FreeBSD 10.0-BETA1」が公開された。FTPサイトからamd64版、i386版、ia64版、powerpc版、pwerpc64版、sparc64版のインストーライメージをダウンロードできるほか、10.0-BETA1がインストール済みの仮想ディスクイメージをダウンロードできる。すでにAmazon EC2向けのAMIも提供されている。

ALPHA5からの主な変更点は次のとおり。

  • カーネルのバージョンとユーザランドのバージョンを別々に表示できるfreebsd-version(1)コマンドの導入
  • ZFS lzjb展開パフォーマンスの改善
  • MIPSサポートファミリ(mips24kおよびmips74k)の追加
  • rc.conf(5)においてjailごとの設定ファイルを指定するjail_NAME_*系指定をサポート
  • ATFツールの削除と_atfユーザの削除
  • インストーラbsdinstall(8)に起動領域もZFSにするための機能を追加(実験的機能)

10.0-BETA1はfreebsd-update(8)によるバイナリアップデートの対象外となっており、アップデートする場合にはソースコードベースで実施する必要がある。



関連製品をチェック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事