NEC、一体型PC「VALUESTAR N」秋冬モデル - 最上位は23型で3波5チューナー

  [2013/10/15]

NECパーソナルコンピュータは15日、一体型デスクトップPC「VALUESTAR N」シリーズの2013年秋冬モデルを発表した。

新たに、新デザインの23型ワイドモデルをラインナップ。最上位モデルは計5基のTVチューナーを搭載し、4番組のマルチスクリーン視聴ができるなど、テレビ機能も強化された。OSは全モデルでWindows 8.1を採用する。

ラインナップは、23型ワイドのハイエンドモデル「VALUESTAR N VN970/NS」と「VALUESTAR N VN770/NS」、21.5型ワイドのミドルモデル「VALUESTAR N VN570/NS」と「VALUESTAR N VN370/NS」、エントリーモデル「VALUESTAR N VN350/NSW」の計5モデル。

発売日は10月下旬で、「VALUESTAR N VN370/NS」「VALUESTAR N VN350/NSW」のみ10月中旬に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は後述。

VALUESTAR N VN970/NS

VALUESTAR N VN970/NSB
ファインブラック

VALUESTAR N VN970/NSW
ファインホワイト

地上/BS/110度CS対応チューナーを5基搭載する、シリーズ最上位の23型ワイドモデル。TVチューナーの種類は、約2秒でTVが起動する「ぱっと観テレビ」用チューナーが1基、視聴録画用のTVチューナーが4基となる。

合わせてTV視聴ソフトウェア「SmartVision」も強化し、4番組をマルチスクリーンで同時視聴できる「マルチスクリーン」機能、あらかじめ設定した条件に沿った番組を自動録画する「おまかせタフ録り」機能などを本モデルのみに搭載。また、全モデル共通で、録画番組からキーワードに合致する番組のみを表示する「お手軽録画検索」、TV起動時にいつも見ている番組を自動で表示する「おはようマイチャンネル」などの新機能も搭載する。

音質面ではFR-Port式のYAMAHAスピーカーを強化し、フルレンジに加えウーファーも搭載。また、音の歪みやノイズを抑制するため、磁性流体を採用した。

きょう体は、下部のフレーム中央にスタンドを設けた新デザインを採用。液晶を0度に直立させることが可能となったほか(チルト角0度~15度)、スイベル機能も搭載する。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-4700MQ(2.40GHz)、チップセットがMobile Intel HM86 Express、メモリがPC3L-12800 8GB(8GB×1)、グラフィックスがIntel HD Graphics 4600(CPU内蔵)、ディスプレイが23型ワイド液晶(1,920×1,080ドット、IPS)、ストレージが4TB SATA HDD、光学ドライブがBDXL対応ブルーレイディスクドライブ。OSはWindows 8.1 64bit。

主なインタフェースは、IEEE802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T、USB 3.0×4、USB 2.0×2(うち1基はパワーオフ充電機能付き)、HDMI入力×1、メモリカードスロット(SD/SDHC/SDXC対応)、約92万画素Webカメラなど。

本体サイズはW563×D280×H480mm(最小傾斜時)、重量は約14.1kg。タッチ操作が可能なリモコンやMicrosoft Office Home and Business 2013も付属する。店頭予想価格は230,000円前後。カラーは「ファインブラック」と「ファインホワイト」の2色。

VALUESTAR N VN770/NS

VALUESTAR N VN770/NSB
ファインブラック

VALUESTAR N VN770/NSW
ファインホワイト

VALUESTAR N VN770/NSR
クランベリーレッド

VN770/MSは、VN970/NSと同様に新きょう体を採用するが、搭載する地上/BS/110度CSチューナーは2基となる。

主な仕様やインタフェースはVN970/NSとほぼ同等。ただし、ストレージ容量が3TTB SATA HDDとなり、SmartVisionでは「マルチスクリーン」機能や「おまかせタフ録り」機能が省かれる。

本体サイズはW563×D280×H480mm(最小傾斜時)、重量は約14.0kg。タッチ操作対応リモコン、Microsoft Office Home and Business 2013が付属する。カラーは「ファインブラック」「ファインホワイト」「クランベリーレッド」の3色。店頭予想価格は215,000円前後。

VALUESTAR N VN570/NS

VALUESTAR N VN570/NSB
ファインブラック

VALUESTAR N VN570/NSW
ファインホワイト

VALUESTAR N VN570/NSR
クランベリーレッド

VN570/NSは21.5型のフルHD液晶を搭載し、従来のフォトフレームデザインやYAMAHA製FR-Port式のステレオスピーカーを引き継いだモデル。TVチューナーは地上/BS/110度CS対応チューナー2基を搭載する。

2013年秋冬モデルでは、OSがWindows 8.1、CPUがIntel Core i5-3230Mとなり、Bluetooth 4.0にも対応した。

主な仕様は、CPUがIntel Core i5-3230M(2.60GHz)、チップセットがMobile Intel HM76 Express、メモリがPC3L-12800 4GB(4GB×1)、グラフィックスがIntel HD Graphics 4000(CPU内蔵)、ディスプレイが21.5型ワイド液晶(1,920×1,080ドット)、ストレージが2TB SATA HDD、光学ドライブがBDXL対応ブルーレイディスクドライブ(スロットイン式)。OSはWindows 8.1 64bit。

主なインタフェースは、IEEE802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T、USB 3.0×2(うち1基はパワーオフ充電機能付き)、USB 2.0×5、メモリカードスロット(SD/SDHC/SDXC、メモリースティック デュオ/PRO-HG デュオ対応)、約92万画素Webカメラなど。

本体サイズはW534×D225×H440mm(最小傾斜時)、重量は約9.8kg。タッチ操作対応リモコン、Microsoft Office Home and Business 2013が付属する。カラーは「ファインブラック」「ファインホワイト」「クランベリーレッド」の3色。店頭予想価格は180,000円前後。

VALUESTAR N VN370/NS

VN370/NSは、CPUにCeleronプロセッサ、TVチューナーに地上/BS/110度CSチューナーを1基搭載する下位モデル。

仕様面では、上位のVN570/NSからCPUがIntel Celeron 1005M(1.90GHz)、グラフィックスがIntel HD Graphics(CPU内蔵)、ストレージが1TB SATA HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ(スロットイン式)となる。インタフェース類は、無線LANがIEEE802.11b/g/n対応に変更される。

本体サイズはW534×D225×H440mm(最小傾斜時)、重量は約9.6kg。タッチ操作対応リモコン、Microsoft Office Personal 2013が付属する。カラーは「ファインブラック」「ファインホワイト」「クランベリーレッド」の3色。店頭予想価格は145,000円前後。

VALUESTAR N VN350/NSW

VALUESTAR N VN350/NSW

VN350/NSWは、1つ上のVN370/NSからTVチューナー機能を省いたエントリーモデル。TVチューナーの有無を除き、主な仕様やインタフェース、本体サイズ、重量はVN370/NSとほぼ同等。

本体サイズはW534×D225×H440mm(最小傾斜時)、重量は約9.6kg。Microsoft Office Personal 2013が付属する。カラーは「ファインホワイト」のみ。店頭予想価格は135,000円前後。

NEC Direct(NECダイレクト)


icon icon icon
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

エプソン、幅45mmのウルトラコンパクトPC - 光学ドライブ搭載モデルも
[11:04 5/31] パソコン
「妊婦の歯周病が早産リスクを高める」 ‐ 子を持つ男女の7割は知らず
[11:02 5/31] ヘルスケア
日本HP、23.6型4K液晶を採用した一体型ワークステーション「HP Z1 G3」
[11:00 5/31] パソコン
経営者は「経済小説」がお好き? - 社員との意識比較調査発表
[11:00 5/31] マネー
【インタビュー】ティントリが注目するテクノロジーとは? - 米Tintri EVP Tony Chang氏に聞く
[11:00 5/31] 企業IT