黒猫専門の猫カフェがオープン!

 

お水を飲む姿がキュート

兵庫県姫路市に9月25日、黒猫専門の猫カフェ「cat cafe ねこびやか -黒猫cm(センチメートル)-」がオープンした。

姫路市で初の猫カフェ

同カフェは姫路市初の猫カフェ。2011年9月から、様々な種類の猫と触れ合える「猫カフェ」を運営してきたが、カフェを訪れる人に黒猫好きが多いということから、今年9月25日、黒猫専門の猫カフェとして新規オープンした。

黒猫たちがお出迎え

同店のカフェの看板やチラシ、猫紹介のアルバムなどは全て手作り。ハンドメイドのぬくもりあふれる店内では、「はく平(はくべい)」「きい介(きいすけ)」「ちゃ渋(ちゃしぶ)」をはじめとする黒猫たちが待ち受けている。

店内では、のんびりくつろぐ黒猫の姿を見ながらドリンクやアルコールが楽しめる。現在は秋限定ドリンクとして「抹茶ミルク」「梨ジュース」を提供。料金は、はじめの1時間は1,000円、以降30分毎に500円。ソフトドリンク400円、アルコール600円。

なお、同カフェでは猫の抱っこは禁止。触れることはできるが、過度にさわると猫にはストレスとなるため、ほどほどに、とのこと。子どもだけの入店は禁止で、中学生未満は保護者同伴が必要となる。営業時間は12時~21時。定休日は日曜日~火曜日。場所は兵庫県姫路市駅前町322 ミフネビル2F。

なお、黒猫専門カフェになる前に在籍していた黒猫以外の猫は、10月1日に姫路市内にオープンした「cat cafe ねこびやか -88番地-」に引っ越しをした。同店は主に里親募集の仔猫を育てて譲渡する事を目的に会員制で営業している。黒猫カフェ会員の希望者には、場所などを案内するという。

関連キーワード

関連製品をチェック

人気記事

一覧

2016年6月30日の運勢

イチオシ記事

新着記事

アーク、AMD Radeon RX480を搭載するゲーミングPC3とBTOオプション追加
[15:53 6/30] パソコン
レオパレス21、全国の物件にAndroid TV対応STB「Life Stick」を標準設備
[15:46 6/30] 家電
「フラット35」利用者の平均年齢は39.8歳に - 5年ぶり低下
[15:35 6/30] マネー
ボンバルディア、Cシリーズ初号機をスイスインターナショナルに納入
[15:33 6/30] 趣味
NEC、導電性と吸着性をもつ新規ナノ炭素材料「カーボンナノブラシ」を発見
[15:31 6/30] テクノロジー