アウディが新型RSモデル3車種を発表、圧倒的パフォーマンスと環境性能両立

山津正明  [2013/10/09]

アウディ・ジャパンは8日、3車種の新型RSモデル「RS 6 アバント」「RS 7 スポーツバック」「RS 5 カブリオレ」を同時に発表した。「RS 6 アバント」 「RS 5 カブリオレ」は8日から、「RS 7 スポーツバック」は2014年1月から販売開始する。

「RS 6 アバント」

RSモデルは、アウディのスポーツモデルの開発生産部門である子会社「クワトロ ゲーエムベーハー」が手がける高性能プレミアムスポーツ。「ルマン24時間耐久レース」を12回制した経験や、高性能エンジン、フルタイム4輪駆動クワトロシステムなどの先進技術を受け継ぎ、圧倒的なパフォーマンスと環境性能を両立している。

新型「RS 6 アバント」は、ハイレベルな走行性能と、アバント(ステーションワゴンタイプ)ならではの高い実用性をあわせ持つスポーツカー。最高出力560PSを発揮するV8 4.0 TFSIツインターボエンジンを搭載し、従来モデルより100kgもの軽量化も達成した。

新型「RS 7 スポーツバック」は、5ドアクーペのフォルムとハイパフォーマンスを両立したモデル。専用21インチアルミホイールを標準装備し、「RS 6 アバント」と同様のV8 4.0 TFSIツインターボエンジンを搭載する。

「RS 7 スポーツバック」

「RS 5 カブリオレ」

新型「RS 5 カブリオレ」は、最高出力450PSのV8 4.2 FSIエンジンを搭載。高回転型自然吸気エンジンの爽快感が大きな特徴だ。RS専用チューニングのスポーツサスペンションによるコーナリング性能も、同モデルならではといえる。

各モデルの価格は、「RS 6 アバント」が1,520万円、「RS 7 スポーツバック」が1,570万円、「RS 5 カブリオレ」が1,387万円となっている。

関連製品をチェック

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【インタビュー】『僕のヤバイ妻』豊福陽子プロデューサーに聞く"ヤバイ"裏話【後編】- 昨今の人間関係に問題提起「トコトンぶつかり合う夫婦を描きたかった」
[07:00 5/31] エンタメ
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第638回 戦場を戦い抜いた兵士なので
[07:00 5/31] 趣味
三上博史、深夜ドラマ初挑戦!遺産相続専門の弁護士役に決定
[06:00 5/31] エンタメ
若手女優・蒔田彩珠、黒木華主演『重版出来!』出演で「やっぱりすごかった」の声
[06:00 5/31] エンタメ
『テラスハウス』トレンディドラマ展開!? ケンカから急接近で新たな恋の予感
[06:00 5/31] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR