「ドコモプレミアクラブ」のポイント付与条件などが再改定

NTTドコモは3日、ドコモ利用者向け会員サービス「ドコモプレミアクラブ」について、2014年4月付与分より改定予定の「ポイントプログラム」と「会員優待サービス」の内容を再改定すると発表した。長期ユーザーからの要望を多く受け変更する。

「ポイントプログラム」については、ドコモポイント付与率を決めるステージの決定条件を「ドコモの継続利用期間」のみで決める方式に変更する。変更前は「サービスの加入状況」と「ドコモの継続利用期間」を決定条件としていた。

ポイントプログラム改定内容

加えて、「ドコモ継続利用期間」の期間、各ステージのドコモポイント付与率も変更する。変更後は"グランプレミア"ステージは継続利用期間15年以上、1,000円利用につき25ポイントの付与、"プレミア"ステージが同10年以上、同20ポイントの付与、"3rd"ステージが同8年以上、同15ポイントの付与、"2nd"ステージが5年以上、同10ポイントの付与、"1st"ステージが5年未満、同5ポイントの付与となる。

また、DCMXカードの契約で"3rd"から"グランプレミア"ステージが利用額1,000円につき20ポイント(2015年3月請求分まで。以降は同5ポイント)、"1st""2nd"が同5ポイント付与される。さらに、指定サービス(スマートフォンの場合サービスパック+Myインフォメール)への加入でどのステージでも5ポイント付与される。

「会員優待サービス」については、レジャー・エンターテイメント施設を特別優待料金で利用できるクーポンの配布対象ステージを"1st"ステージ以上から、"プレミアステージ"以上へ変更する。

会員優待サービス変更後

会員優待サービス変更前

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事