サイボウズ、クラウドサービスの脆弱性発見コンテスト - 賞金総額300万円

サイボウズは9月24日、同社のクラウドサービス「cybozu.com」を題材とした脆弱性発見コンテスト「cybozu.com Security Challenge」の参加受付を開始した。

cybozu.com

同コンテストはサービスの品質向上を目的としたもので、情報セキュリティをテーマとした日本ネットワークセキュリティ協会主催のセキュリティコンテスト「SECCON」の協力を得て実施される。コンテストの開催期間は2013年11月11日~25日で、募集人数は150名。応募受付は2013年10月11日までとなっている。

コンテスト参加者は、オンラインを通じて専用の検証環境で脆弱性チェックを行う。見つけた脆弱性が認定されると評価ポイントを得ることができ、より多くの評価ポイントを取得した参加者が優勝となる。評価ポイントに応じて報奨金が贈呈され、賞金総額は300万円。

また、コンテストで上位に入った参加者は、2014年3月に東京で開催されるカンファレンスに招かれ、脆弱性の発見方法などに関するプレゼンテーションを行う予定になっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事