川村ゆきえ、ノーパン女子高生役に挑戦! スカートがめくれる衝撃シーンも

 

グラビアアイドルの川村ゆきえが、21日に放送されるフジテレビ系ドラマ『山田くんと7人の魔女』(毎週土曜23:10~23:55)の第7話から、ノーパン女子高生役として登場することが20日、明らかになった。

ドラマ『山田くんと7人の魔女』の第7話から、ノーパン女子高生役で登場する川村ゆきえ

同作は、漫画家・吉河美希の同名漫画を原作に、学校一成績優秀な白石うらら(西内まりや)と、元不良で学校一の問題児・山田竜(山本裕典)がキスによって心と体が入れ替わってしまう"ちょっとエッチな"学園青春コメディ。やがて、キスすることで特殊能力が発動する7人の魔女の存在が明らかになり、魔女探しがはじまる。先週放送された6話までで合計52回ものキスシーンが登場。西内のミニスカートでの回し蹴りや"キスざんまい"の展開など、過激な演出が毎回話題になっている。

これまで7人目の魔女の存在は謎とされていたが、21日の放送でいよいよ明らかに。川村が演じるのはその7人目の魔女・西園寺リカ役で、常にノーパンで学園生活を送るという個性的な役どころとなっている。リカは、同じ朱咲高校3年で元超常現象部部員だった宮村(井出卓也)の姉・レオナ(中別府葵)の友人。ある日レオナに"ある場所"へと連れてかれたことが発端でトラブルが起きてしまう。第7話では、リカを突然の強風が襲い、トリンドル玲奈演じる雅がスカートの中身を見てしまうという衝撃シーンも用意されている。

第1話の回し蹴りシーン

「こんなに不思議でテンションの高い役は難しいかなーと。ドラマは以前から拝見してまして、楽しい作品と知っていたので"リカはブットビでいいはず!"というイメージはできてました」と語る川村。「原作を読んだら個性的な衣装だったのでドキドキもありました」と多少の不安を抱えての撮影となったが、「前髪も切って、衣装合わせをした後には、"それなりにドラマ版の西園寺リカになれるかな"という自信も少し出てきました」と振り返り、「27歳ですがノーパン女子高生役がんばります!」と意気込んでいた。

また、役柄にちなんで「自宅では家族と同居してるのでノーパンにはなれませんが(笑)お風呂上がりとかに穿く短パンの下はノーパンで過ごします! 仕事でホテルに泊まったときは、ノーパンを超えて全裸でいます…」と告白し、「自宅にいるより時間に余裕があるので全裸でボディクリームを塗ったり、鏡で自分の姿を眺めたり、ポージングの練習などしますね!」とコメント。「撮影の朝、現場まで移動する時も下着の跡が付かないように極力ノーパンノーブラで長いガウンを着ます。結構、跡って取れないんです…」とエピソードを披露しつつ、「でもスースーしますし、なんかソワソワしますけど(笑)」と笑顔を見せていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

橋本マナミ、高畑容疑者は「本能のまま動く子」- 告白された時の印象語る
[13:47 8/26] エンタメ
CEDEC 2016 - ワコムブースで「ZBrush」と「Cintiq 27 QHD」を体験する
[13:36 8/26] パソコン
橋本マナミ、言い寄られていた高畑逮捕に「ビックリ」 - 洞察力に称賛の声
[13:24 8/26] エンタメ
林家正蔵、徳川家康役決定で「鳴かぬなら おうちで飼おう ホトトギス」
[13:24 8/26] エンタメ
糖アルコールを炭素二重結合を含む化学原料に変換する触媒 - 東北大が開発
[13:12 8/26] テクノロジー

本音ランキング