iFixitが「iPhone 5s」「iPhone 5c」の分解レポートを公開

 

Appleが20日に発売した「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の分解レポートを米iFixitが公開した。ペンタローブ型のネジが使われているものの、ディスプレイを外して内部にアクセスするのは難しくはない。だが、バッテリーが接着されていて、5よりも交換しにくくなっている。修理可能スコアは、どちらも10点中6点 (高スコアの方が容易)。

iPhone 5sが搭載するA7 SoCのCPUは、デュアルコアで命令セットアーキテクチャが64bitコンピューティングをサポートするARMv8に変わった。AppleはWebサイトで5sと5cのRAMおよびバッテリー容量を公開していないが、iFixitが分解した端末のA7にはAPL0698、F8164A1PDとマーキングされている。MacRumorsフォーラムの投稿を参考に、RAMをElpida製の1GB LPDDR3であると推測している。バッテリー容量は1560mAh。iPhone 5の1440mAhよりも大きくなっており、これがバッテリー駆動時間の伸びにつながっているようだ。

分解したiPhone 5s (出典: iFixit)

メインカメラであるiSightカメラのモジュールにはDNL333 41WGRF 4W61Wと書かれている。これまでとマークが異なるものの、DSLという文字列が含まれることや、事情通の情報から4sや5と同様にソニーの提供である可能性が高いという。

Wi-Fiモジュールは村田製作所の339S0205。iPhone 5でも採用されたBroadcomのBCM4334をベースとしている可能性が高い。LTEモデムは5と同じQualcommのMDM9615Mだが、トランシーバチップがRTR8600からWTR1605Lに変更された。

分解したiPhone 5c (出典: iFixit)

iPhone 5cに採用されているパーツはほぼ5と同じで、違いは2つ。5sと同じ様にWTR1605Lトランシーバが使われており、バッテリーが1510mAhに強化された。パーツを取り出した状態でポリカーボネイトの筐体を手でねじ曲げてみたiFixitは、その強度を「キャプテン・プラネットのように強くて堅い」と評している。

人気記事

一覧

新着記事

「高い」と思うコンサートのチケット代は?
[07:30 9/27] マネー
赤ちゃんへのB型肝炎ワクチンは必要? 接種が公費になる今、知っておきたい事
[07:00 9/27] ライフスタイル
ピース又吉、次回作は「今、書き始めてます」リリーとの文壇トークで明かす
[07:00 9/27] エンタメ
GEと東電、火力発電向けIoTソリューションの共同開発で合意
[07:00 9/27] テクノロジー
低糖質メニューも! 管理栄養士監修の5テーマから選べる週替わり定食が登場
[07:00 9/27] ヘルスケア