オシリーナ秋山莉奈、新作DVDは「自然体なお尻が見どころ」

人気グラビアアイドルの秋山莉奈が15日、東京・秋葉原のソフマップ・アミューズメント館で最新イメージDVD『美尻物語』(3,990円 発売元:エスデジタル)の発売記念イベントを行った。

イメージDVD『美尻物語』の発売記念イベントを行った秋山莉奈

スレンダーな身体とギャップのある大きめなヒップで「オシリーナ」、「美尻の女王」と呼ばれるなど、巨乳中心のグラビア業界に新風を吹かせた秋山。今年は主演を務めた舞台『落下ガール』など、これまで計4本の舞台に出演するなど演技に力を入れている。

29作目となる新作はゴールデンウィーク明けにサイパンで撮影が行われた。初めて訪れた海外がサイパンだという秋山は、仕事などでこれまで10回以上同地を訪れている。「一日あったオフは地元の人が行くスーパーでおみやげや洋服を買ってました」と慣れた土地、さらに「10年前の最初のサイパンの撮影にいたスタッフさんもいて楽しかった」と気心知れたスタッフに囲まれリラックスして撮影に臨めたという。

DVDについては「今回はコンセプトがカメラの向こうの旦那さんとの出会いから、どうやっておとしたかという、女の子の努力が詰まった作品」と説明。デニム地のヒップが強調された水着に、カフェバーで働くアメリカンな給仕、美しいボディーラインが見られるオレンジのビキニなど、大人になった秋山の魅力が際立つ衣装も多い。中でも秋山自身のお気に入りはアイドルらしい海辺ではしゃぐシーン。「いつもは、ねちねちお尻を撮られているんですけど、今回は遊んでいる中で、自然体でいるところでお尻を撮られている」とナチュラルなお尻が見られると笑顔でアピールした。

小学5年生で芸能界デビューを果たした秋山だが、今月には28歳の誕生日を迎える。適齢期ということは本人も考えているようだが「周りはママの友達が多くなってきて、子供と遊んでいると『違和感ないね』とチクリと言われたり(笑)。でも結婚願望は全然ないです。子供が産めるうちにできれば」と焦りは全くない。29日にはバースデーイベントが行われるほか、出演した映画『東京闇虫 パート1』が28日に公開される。

秋山莉奈(あきやま りな)

1985年9月26日生まれ。東京都出身。A型。身長163cm。スリーサイズはB83・W61・H95。小学5年生のころから芸能活動をスタートさせ2001年『仮面ライダーアギト』のヒロイン役に抜擢。2007年の『仮面ライダー電王』にはデンライナーの乗務員ナオミ役で出演している。女優としての活動の一方グラビア活動も行い、美尻を武器に一躍人気グラドルに。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事