隠岐諸島が世界ジオパークに認定

世界ジオパークに認定された隠岐諸島
(提供:隠岐ジオパーク)

地形や地質などの地球科学的な価値をもつ自然公園「世界ジオパーク」に、島根県・隠岐(おき)諸島が認定された。ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が支援する世界ジオパークネットワークが、韓国・済州島で開催されている国際会議で審査結果を発表した。日本では洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、島原半島(長崎県)、山陰海岸(京都府、兵庫県、鳥取県)、室戸(高知県)の各ジオパークに続いて6番目、世界ジオパークは29カ国100地域となった。

「隠岐ジオパーク」は、島根半島の日本海に点在する4つの有人島と多数の無人島、および周囲の1キロメートル海域を含む約674キロ平方メートルを範囲とする。大昔にユーラシア大陸に続いていた時代があったこと、さらに、湖や深海の底だった時代や火山活動で隆起した時代、2万年前の氷河期に島根半島と陸続きになった時代もあった。そうした歴史を表す奇岩や断崖などの景観、離島ならではの動植物の生態系、石器時代には特産の黒曜石が島外に運ばれるなど、古くから培われてきた独自の文化などを知ることができるという。

世界ジオパークは認定後、4年に一度ずつ世界ジオパークネットワークの再審査を受ける。今回の会議では日本の洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島の3ジオパークも再審査を受け、それぞれ再認定された。

世界ジオパークネットワーク(1999年発足)の活動についてはユネスコも高く評価しており、今年11月にはユネスコの正式なプログラムになることが検討されているという。

関連記事

ニュース【室戸が日本で5番目の世界ジオパークに】

ニュース【洞爺湖有珠山など3地域世界ジオパークに認定】



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事