米Appleが「iPhone 5s」発表 - 日本での発売は9月20日に

米Appleは10日(現地時間)、カリフォルニア州クパチーノにある本社でプレスイベントを開催し、iPhoneシリーズの最新モデル「iPhone 5s」を発表した。発売日は9月20日で、日本でも同時発売となる。iPhone 5sでは、カラーバリエーションが増え、スペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色展開となる。機能面では、iPhone 5に搭載されたものよりも2倍に処理能力が向上したApple A7プロセッサを内蔵、デザインが刷新され、新機能が搭載されたiOS 7を搭載する。

iPhone 5s

iPhone 5sは対角4インチディスプレイ(1136×640ピクセル、326ppi)のiPhoneシリーズの最新モデル。CPUはApple A7チップとなり、iPhoneシリーズで初の64bit対応となる。また、モーションデータを扱うM7コプロセッサも搭載する。新たにホームボタンに指紋認証センサーを搭載、iPhone 5sのロック解除が行えるほか、iTunesでのコンテンツ購入も同機能により可能となる。カメラはメインが800万画素、F値2.2の明るいレンズを採用し、iPhone 5(F値2.4)に比べ、より暗い場所での撮影に対処できるようになった。自動手ぶれ補正機能も搭載する。

このほか、端末の連続使用時間も延びている。ストレージは16GB/32GB/64GBの3タイプを用意。サイズ/重量は、(H)123.8×(W)58.6×(D)7.6(mm)/112g。デザイン面ではiPhone 5と大きく変わらないものの、ブラック、ホワイトを基調にした従来のカラーラインナップから変わり、スペースグレイ、シルバー、ゴールドカラーの3色展開となる。通信面では、3G、LTE通信ほか、Bluetooth 4.0、無線LANは802.11a/b/g/n(2.4GHzおよび5GHz)に対応。

搭載される最新のiOS 7では、フライトモードやWi-FiのON/OFF設定、画面輝度の調整、カメラアプリなどのコントロールが行える「コントロールセンター」、自分の近くにいる人とネットワークや細かな設定が不要で写真等のコンテンツが共有できる「AirDrop」などの新機能を利用できる。

詳細は追って伝えたい。

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事