前田敦子 歌レッスンで「一生うまくならない声帯」と言われた

 

 昨年8月のAKB48卒業後初となるソロ第3弾シングル『タイムマシンなんていらない』をリリース(9月18日)する前田敦子(22)。AKB48を卒業し女優としてスタートをきり、数々のドラマや映画に出演。着実に女優として実績を積んでいた前田の心に少しずつ変化が表れた。

「卒業してから歌っていうのは意欲的に続けるものではないのかなって思っていたんです。でも歌って、踊ってるときの私が好きだと言ってくださる人もいるので、望んでくれているのに違う場所に行く必要はないなって思いました」(前田・以下同)

 一歩ずつ前に歩き続けている前田のはにかんだ笑顔は、アイドルではなく大人としての品格を見せた。歌手・前田敦子としてソロとなった今の心境については以下のように語る。

「ソロになってから、ファンの皆さんに会う機会が少なくなってしまって…。寂しい思いをさせてしまっているってことがわかって、歌い続けようって思えるきっかけになりました」

 そして、自分の声についてこう語る。

「普段喋っている自分の声が好きではないので、自分で聞いていて心地いいところを見つけるっていうのが、課題です。AKB48の頃初めてボイストレーニングを受けたときに、あなたの声帯は一生うまくならないと言われたことがあって、ずっとそれが頭にあって。だからこそ今、頑張ろうって思えます」

※女性セブン2013年9月19日号



本記事は「NEWSポストセブン」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事